指の使い方

ここでは、ピアノを弾く上で大切な指の使い方を見ていきます。
今の上達の参考になれば幸いです。

指の使い方記事一覧

あなたは小指がとても弾きづらいなどの悩みを抱えていませんか?「動かしづら…」「力が入らない…」などの小指の苦手意識がある人はとても多いものです。小指は他の指と比べても短くて細いので、それなりの練習や工夫をすることが必要ですね。そして、小指に力が入らない、弾きづらい原因として考えられるのは、姿勢が悪いことや指の使い方が良くない、他の指より力が弱いことが原因です。ですので、今のピアノを弾く姿勢を正しく...

薬指が思うように動かなくてイライラしたことありませんか?実は、薬指は他の指と違い楽に動かすことが出来ないというのは殆どの人が感じているんです。特に、細かい動きや均等にバランスのとれた素早い指の動きが必要となる難易度の高い難しい曲になればなるほどこの悩みは出てくるものです。薬指が上手く動かない原因としては、もともと薬指だけは、腱が独立していないことが大きな原因です。薬指の腱だけは、中指と小指に引っ張...

ピアノを弾く際に、親指だけは細かな動きが出来ずいつももたついてしまい、リズムが乱れてしまうということはありませんか?音階(スケール)を弾く時に親指から弾きはじめたり、指くぐりしたりと使いずらい指ですね。他の指と比べても長さやついている場所なども違い、他の指とは扱うのが容易でないと感じながらも、具体的な対処法が分からずにそのままにしていると言う人もいるでしょう。実際に親指は、他の指と比べてみても関節...

ピアノが上達するには、脱力することが全ての基本になります。ですが、ピアノという楽器は弾き手を身構えさせてしまう不思議な力があるのではないかと思えるほど、殆どの人が指や身体に力が入りすぎています。そして、往々にしてピアノがなかなか上手くならないと悩む人の多くは、力が入りすぎているところに多くの原因があります。誰しも思うようにいかないと、つい力んでしまうのものですが、力ずくでピアノを弾こうとしても上手...

難しい音階やアルペジオなどのパッセージは、付点などのリズム練習をするように言われませんか?うまくパッセージが弾けないとリズム練習やゆっくり練習をしたりするように教えられることが多いものです。ゆっくりピアノを弾くことは、指の動きを一つずつ確認する上でも大切ですね。また、それぞれのパッセージの感じの微妙な違いなども分かってくるようになりますし、ゆっくり弾くことで普段は意識しないような所も丁寧に練習した...

左手の動きが、利き手の右手に比べて非常に悪いという悩みはありませんか?左手が右手につられたり、難しいフレーズの時に思うように対応できないなど、利き手が右手の場合は左手が、利き手が左手なら右手が、利き手でない為に動きが悪いという人は多いものです。また、左手だけが細かな動きをする時などは、それに気をとられて今度は右手がおろそかになってしまうなど、何かと利き手と逆の手は、どうしても苦手な人が多いですね。...

スケール(音階)を滑らかに弾くことが出来ていますか?ピアノを習っていると必ずといっていい程、このスケールの練習をさせられますね理想のスケールというのは、その中で全ての音が同じ音価(おんか)で、音量がズレがなく、全ての音がスムーズに流れていくようになることだと思います。ですが、途中でつまづいたりして、少しずつ乱れて綺麗に流れないといった演奏になっていることが多いものです。もともと人間の指は、それぞれ...

和音を2音以上を弾く時に、同時に弾いていた音がズレてしまう…、同じタイミングで打鍵出来ることもあっても安定しないという悩みはありません?同時に弾いている2〜3音がズレてバラバラに聞こえるなど、きれいには聴こえず、気持ちのいいハーモニーにならないで楽しめないのはもったいないですよね。そして、和音がずれて外すしてしまう改善策を何もしないで、何となく練習を続けていては同じことを繰り返すだけです。そもそも...

指を広げる練習方法をご存じですか?ピアノを弾く上で指をしっかり広げることは、音域の広い曲などを弾く時に欠かせないテクニックです。また、手が小さくて思うように弾けないという悩みがある人もいるでしょう。ですが、多くの人はどれくらい指が広げられらか、ということばかりに意識がいってしまいがちですが、ピアノで曲を演奏する際は、広げた指をしっかりと保ち、和音などが正しく弾けるかどうかが大切になります。したがっ...

ピアノを弾く際に、指を速く動かすことが出来ていますか?特に細かい動きや早いパッセージが出てくると、自分の指の動きの悪さに嘆いた方も多いのではないでしょうか?例えば、ハノンのようなフレーズで右手の粒が揃わないとか、左手がもたついてしまうこともあるでしょう。そもそもハノンのような同じ高さの音であるユニゾン音型は、元々は同じ動きですがら、左右のどちらかの手を刺激して、脳を活性化させるために、手だけを本来...

アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くことが出来ていますか?なめらかに美しい音でアルペッジョを弾けることは憧れのテクニックですが、指を広げなくてはいけない為、それだけ音を外すことも多く難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。ご存じのように、アルペッジョ(アルペジオ)は、和音を同時にではなく低いものから又は高いものから順番に連続的に速く弾くことですね。指を広げようと意識しすぎいてしまうと手首な...

指またぎがスムーズに出来ますか?スケールなどで親指くぐりが出てくる時は、本当に自分の指かと思って しまうほど、動きの悪さが気になる人もいるでしょう。そして、ドレミファソラシを1234123という指使いで弾く時に、はじめに意識すのは親指くぐりのところではないでしょうか。親指は、内側に曲げることは日常生活でも良く行いますが、左右にに動かすことはあまりすることがありません。また、親指が他の指の下をくぐる...

オクターブを上手く弾くことが出来ていますか?趣味でピアノを弾いている人の中には、オクターブが届かないで苦労している方もいらっしゃるのではないでしょうか?ですが、オクターブは、手が小さい人でも訓練することで届くなっている方も多いものです。そもそもオクターブは、ほとんどは1と5の指しか使わない為に、そればかりに気をとられて、他の指や全体の手の形を忘れてしまっているような人が多いように感じます。なかでも...

薬指が弱いなど、指が思うように動かず、速い曲になると音が流れて、ドリルの粒が揃わないという悩みはありませんか?実際にドリルは、曲の中でも心に残るような強い印象があるところで使われることも多いので、ドリルに憧れて始めた曲も「指が思い通りに動かない」「どうしたら上手く弾けるのか分からない」と投げ出したくなることもあるでしょう。そもそも、ドリルの粒が揃わない原因とてし考えられるのは、楽譜に書かれているこ...

オクターブを弾くと手が痛くなるという悩みはありませんか?特に連続したオクターブのフレーズを弾くと、手が疲労して痛くなるという人も少なくないでしょう。それでなくても単発で弾いただけで手が痛くなるということも良く聞きますね。こうした悩みの原因としては、オクターブを弾く際の力のかけ方や抜き方のタイミングが悪いことや、手が小さいことからオクターブを弾く時に指がギリギリ届く、もしくは届かないので、無理やり手...

指の速い跳躍で、遠くの鍵盤を必ず外してしまうという悩みはありませんか?そもそも指の速い跳躍で正しい位置の鍵盤を外してしまうのは、最初の音を弾いてから次の音に跳ぶ時に弧を描くように軌道で移動するからでしょう。このようにすると指を移動させる時間が長くかかってしまい、移動しながら次の音を弾くようになってしまい、予備を跳躍した先の音を出すまでに十分な準備ができません。そうなれば、和音の発音のタイミングもち...

今からでも手を大きく、指を長く出来たらと思いませんか?ピアノを弾くには確かに手が大きいと有利ですね。とは言え、手の大きさや指の長さが成長期を過ぎたら大きく長くなることは物理的にはありません。しかしながら、毎日の訓練や練習で手を広げることは出来ます。具体的には、それぞれの指の水かきを伸ばして手が広がるようにするのです。例えば、ピアノがなくても出来る方法には、広げる手が右ならば、左手で補助しながら右手...

左手の伴奏など、オクターブのトレモロを疲れずに弾くことが出来ますか?トレモロはご存じのように、単一の高さの音を繰り返して小刻みに細かく演奏する技法で、オクターブのトレモロを弾く際には、手首の動きがポイントになりますね。そして、左手の手首の動きには、5の指がドアを回す時のような手前にくる動き、更に1の指が反対に体から離れるような2つの動きがあります。大抵はドアを回すような手首の動きが易しくて楽でしょ...

16分音符をなめらかにピアノで弾くことが出来ますか?16分音符などの速いリズムになると指がなめらかに動かないという人も多いものです。また、ある程度ピアノを経者したことのあるようなら、以前にハノンでもっと速く、もっと強く弾こうと一生懸命に練習した人もいるではないでしょうか。そのような人に見られるのが、16分音符が続くとテンポをスピードアップして、最終的には自ら追い込んで上手く弾けなくなってしまうなど...

速いパッセージを上手く弾くことが出来ていますか?学生の頃にピアノを習っていたが、趣味で大人からまたやり始めたものの、どうしても速いパッセージが弾けないという人も少なくないのではないでしょうか。速いパッセージ練習方法としては、まずメロディラインを頭に入れる為に、ゆっくり弱く弾いて音の並びを確認しましょう。弱く弾くとメロディラインが鮮明になってきますから、聞きながら気をつけて弾くことです。そして、その...

スタッカートが上手く弾けますか?スタッカートとは一音符ずつ短く切って、跳ねるように弾くと言うのが一般的な解釈でしょうが、連続で弾くのが難しいことから、要領を得ないという人も多いでしょう。実際にスタッカートが続くフレーズでは、次の音までの間隔が短くなってしまい、リズムなども悪くなって、全体のバランスが崩れがちです。また、スタッカートが連続する速い曲でも、次の音とくっついてしまいがちになり、歯切れよく...

ピアノを弾く際の手首の使い方が上手く出来ていますか?手首は指の動きを左右する大きな役割をすることから、手首の脱力が大切になりますね。そして、柔らかい手首の使い方ができるようになると、指を速く動かすことが出来るようになり、速いパッセージでも滑らかに弾くことが出来るようになれるのです。また、和音などを連続して弾く場合は手首を軸にして上下に動かしますし、スケール等で指をくぐらせる場合は手首を横に移動させ...

1つのフレーズを両手を使って弾く時に、滑らかに弾けないという悩みはありませんか?スケールやアルペジオなどの片手では弾けないフレーズは両手を使って弾きますが、それえでなくても長いフレーズは片手で弾いてもガタガタしてちぐはぐになってしまうのに、両手を使って滑らかに弾くのは尚更難しいものです。とは言え、長いフレーズはその曲で心に響くような部分に使われていることが多いので、見事に決めたいところですよね。更...

ピアノでの強弱をつける弾き方が上手く出来ていますか?特に強弱記号のp(piano)が出てくると音が抜けてしまうなど、苦手意識がある人も少なくないでしょう。実際に、p(弱い音)の状態を維持したまま長いフレーズなどを弾くことは難しいものですね。そもそもピアノの鍵盤の真ん中あたりには一度停止するポイントがあり、この鍵盤の半分程度の深さのポイントで音を出すことをハーフタッチと言います。分からない人はピアノ...

ピアノの指くぐりが上手く出来ますか?親指が他の指の下をくぐることを指くぐりと言いますが、問題なく上手く指くぐりが出来たとしても、元の手のフォームに戻す動作が素早く出来るかどうかで、その後のフレーズを上手く弾けるかどうかが決まってしまいますね。その為、くぐらせた状態から元の手のフォームに戻すことまでを含めて指くぐりととらえて、それぞれの動きが素早く出来るようにすることが大切です。そして、指くぐりのコ...

ピアノを弾く時に10本の指を独立させることが出来ていますか?大人からピアノを始めた方や、子供の頃にやっていたが、途中でやめてしまい大人になってからピアノを再びやろうと思うと、それぞれの指を独立させて上手く動かすことが出来ないという人も少なくないでしょう。そもそもピアノを弾くということは、鍵盤を押さえることだけに意識が向いてしまいがちですが、鍵盤から指を離す時の動作も同じように大切なんですね。これは...

フォルテ(f)がバシット決まらないという悩みはありませんか?連続したフォルテがある時やピンポインに出てくる場合に、どのように対応したら良いのかと弾き方に悩む事もあるのではないでしょうか?大きな動きで手を振り下ろしたり、全身に力を入れて弾くといった感じになっている人もいますが、フォルテのフレーズだからといって、叩くように強く弾いたりしてはいけません。実際にはその反対なんですね。そもそも叩くような弾き...

寒い日に指が動きにくいという悩みはありませんか?特に冬の寒い時にピアノを弾くと、指の動きが悪く、なかなか回復しないという悩みを持っ人も多いのではないでしょうか。また、何だか自分の指の動きに満足出来ないという人もいらつしゃるでしょう。寒くなると、どうしてもいつもよりまして指先に神経が行き届かなくなりやすいものですよね。そんな寒い時でも、指先への神経を行き届かせて指先の動きを良くする方法としては、荷物...

手が小さい、指が短く思うようにピアノが弾けないという悩みはありませんか?特にオクターブ以上の音域を掴む時には不利になりますね。また、音域の広いフレーズなどを弾く時は、どうしても手をしっかり広げて弾きたくなるものですが、かえって力が入りすぎて筋などを傷めやすくなってしまうので注意が必要でしょう。「指を広げなくちゃ」と意識が働いて力んでしまうと、その前後のフレーズまで弾きにくくなってしまうので、8割か...

ピアノでポジションの移動が大きくなると思うようにスムーズに弾けなくなるということはありませんか?クラシックなどでは、音域の広いメロディや伴奏の動きが大きくなることもあり、ポジションの移動が大きい曲は沢山あります。その為、決まった曲しか弾けないという人もいるでしょう。レパートリーを増やす為にも、ポジションの移動が多い曲は、いきなり両手で弾くよりは、片手ずつ慣れるまで繰り返し練習をして、音の動きはもち...

ピアノを弾いているうちに、気づくとテンポが速くなったり遅くなったりするということはありませんか?どんな曲を弾くにしても、一定のテンポで弾くことは重要ですね。そして、テンポがキープできず、崩れてしまう原因としては、不得意なパッセージが出てくると、それを弾くことで精一杯になり、テンポまで意識が回らなかったり、曲の流れを把握していないからでしょう。そんなピアノのテンポキープする練習として最も良いのは、メ...

ピアノで早弾きが出来ますか?これが出来ると、人から「おお〜」と賞賛されること間違いなしですね。早弾きが上達する曲↓↓とは言え、速く弾くといっても音の粒が揃わなかったり、リズムがおかしくなったのでは意味がありません。その為、まずはゆっくりなテンポで弾き、徐々に早く弾くように練習することです。この時に、メトロノームを使うとやりやすいでしょう。最初はアンダンテよりも少し速めのアンダンティーノのテンポから...

手首の回すようにピアノを弾くことが出来ますか?ドアノブを回すような手首の回し方をすることで、ピアノを弾く際に指を楽に速く動かすことが出来ますね。では、どのような向きで手首や肘の回し方をするのでしょうか?これは左右によってローリング時の回転方向が違います。左手は時計回り、右手は反時計回りが正しい回転の方向になります。ですが、時々左右共に反対の間違った方向でローリングさせている人も見かけます。そして、...

ピアノ弾き過ぎによる指や手首などの痛みの原因には、どのようなものがあるのかご存じですか?実は、オクターブや幅の広い和音、パッセージを練習した時に痛んだという人が最も多く、全体の7割近く占めるようです。また、腱鞘炎は母子の付け根に起きることが多いのですが、これもオクターブの練習で一番起こしやすく、手を広げるテクニックに頻発しています。日本人は欧米人に比べて体格が小さいですし、特に小柄な女性なら手も小...

ピアノの正しい親指の弾き方をしていますか?私たちの5本の指はそれぞれ性質が違いますが、中でも親指は他の4本の指とは付け根の位置がずれていますよね。音階を弾く時にも一番太くて強そうなので、親指で弾いた音だけが強くなりすぎないようにと注意されることも良くあるものです。また、向きも90度近く傾いているので、指を上げる際にも傾いたままで上げなければいけなくなります。その為、ピアノを弾く時に親指の第一関節か...

アルペジオの弾き方のポイントは何だと思いますか?ピアノは音階はもちろんですが、アルペジオを滑らかに弾くことも大切ですね。そんな長いアルペジオの弾き方でポイントにンるのが1の指(親指)です。そもそもアルペジオの特徴は、音階より手の横移動のスピードが速くなることなんですね。というのも、音階を弾く場合と比べて、音を1音か2音飛ばしながら弾くことになり、もし音階と同じ速さで2オクターブや4オクターブでアル...

一般的にピアノは、肘から指の付け根の関節までがほぼ水平になっていることが基本と言われていますね。ですが、稀に手首を下げて、手のひらで鍵盤を覆うような感じで、指もほとんど伸ばした状態で、指の腹ばかりで弾く人を見かけます。指の腹を使うことは音色を柔らかくなるなど、弾き分ける上で大切ですが、爪に近い指先を使うことによって得られる音色も多く、基本は指先は使う弾き方です。指先を使う為には、指を丸めて形作る必...

普段のピアノの練習が充実していますか?どのようにやれば効率よく上達できるのか、独学ではななかなか分からないものですよね。特にもっと上手になりたいと思って練習を続けている人や、昔に習っていたピアノを再開した方なら、そのような気持ちが強いのではないでしょうか。そして、スケールはピアノ弾きなら習得すべきテクニックの最も大切な基礎と言えるでしょう。何故なら、どんな曲もスケールと和音、アルペジオ、オクターヴ...

ピアノのテクニックのテキストとしてハノンは必要だと良く聞きますね。ですが、他の曲とどう併用していったらよいのか、使い方に悩む大人の方も多いのではないでしょうか。そもそもハノンなどを使う目的としては、実際の曲を弾く時に様々な技術的問題に対処できるようにする為でしょう。それには、5本の指を独立させて、色々な音形パターンや調性に慣れてスケールやアルペジオなどを弾き、更にはそれらを融合させて、様々な音形パ...

鍵盤を見ないで弾くことが出来ますか?ピアノは好きなのになかなか上達しないという大人の人も少なくありませんね。ですが、これが出来るようになるとピアノの上達が早くなります。指を見ないで目で追うのが楽譜だけになれば、時間の短縮に繋がるからです。ピアノが上手い人は鍵盤を見ずに楽譜を目で追いながら演奏することが出来るものですが、何故そんなことが可能になるのかといえば、読譜が瞬時に出来るののと合わせて、両手の...

ピアノがなかなか上達しない原因にも色々ありますね。オクターブやアルペッジョが上手く弾けない、指が速く動かないなど、ピアノを演奏する上で何かが苦手と思っている方は多いことでしょう。そのような苦手なテクニックがあると、誰しもそれを強化して弾けるようになりたいと思うものです。確かにそれぞれのテクニックの動きを練習することはとても大切なことですが、ただ、それだけを集中して練習しても思ったほどピアノが上達し...

手首の使い方が上手く出来ていますか?実はピアノは手首の使い方しだいでテクニックが上達するのです。そのそも体の各部分には得意なことと苦手なことがあります。体に無理がなく良いテクニックとは、体の各部分にそれぞれ得意なことをさせて、お互いが助けあった状態であるということなんですね。逆に、体に負担がかっているという場合は、それぞれの体の各部分に苦手なことをさせて、互いに動きをしにくくさせているしまっている...

部分練習をしっかり行っていますか?ピアノが上達するには、最初から終わりまでを何回も繰り返してもなかなか弾けるようにはなりません。当然、初めより終わりのほうが集中力も落ちてくるものです。また、1回間違えると、そこから最初に戻ってやり直すという人も多いですが、そうすると最初の部分だけ上手くなって、終わりになればなるほど弾けなくなってしまいます。ですので、模範演奏などを聴いて一曲を通して全体を把握するこ...

指と手のひらの柔軟性を意識していますか?ピアノは動いては止まってという弾き方ではなく、なめらかにゆっくり動き続けるのが理想ですね。鍵盤を押さえている間は指が動かないで、次の音を弾く時に動くということを繰り返すようになってしまっては、ぎこちなさや固さがいつまでたっても取れません。これは動きだけでなく、音楽の流れも悪くなりますし、レガートも上手く出来ないでしょう。その為、弾く時には指の関節と手のひらの...