小指が弾きづらい

あなたは小指がとても弾きづらいなどの悩みを抱えていませんか?

 

 

「動かしづら…」「力が入らない…」などの小指の苦手意識がある人はとても多いものです。小指は他の指と比べても短くて細いので、それなりの練習や工夫をすることが必要ですね。

 

 

そして、小指に力が入らない、弾きづらい原因として考えられるのは、姿勢が悪いことや指の使い方が良くない、他の指より力が弱いことが原因です。

 

 

ですので、今のピアノを弾く姿勢を正しくしてフォームを修正する、他の指とは違う弾き方を覚える、小指を訓練して力不足を解消をすることが必要です。

 

 

まず、姿勢ですが背中を丸めるような猫背で弾く人が多いように見受けます。
ですが、猫背の状態で弾くと、小指が完全に寝てしまうので打鍵の位置が良くありません。

 

 

確かに、ここで弾くと小指の力が弱いので弾きやすいのですが、これを癖にしてしまうと後々直すのに苦労することになります。
これを直すには、背筋を伸ばして座り、少しだけ肘を開くように構えます。そうすることで、小指が寝ないで真っ直ぐに立つようになり、もっとも打鍵しやすい位置になります。

 

 

つまり、小指は他の指と打鍵する鍵盤の位置は同じではなく、小指ならではの使い方があるということです。
他の指は、爪から3ミリ程度離れた腹の部分に対し、小指の場合は爪の先の部分で打鍵します。(他の指と同じように打鍵すると指が寝てしまう為。)

 

 

また、小指は力が弱いので、他の指とおなじようい使えるようになるには訓練は必須です。
弾きづらいとか疲れ、痛みなどを感じるようなら小指の力の弱さが原因です。

 

 

小指を鍛える簡単なトレーニングとしては、ピアノがなくても出来ます。
例えば、机の上でピアノを弾くように構え、5本の指を全部机につけて、ピアノを弾く時と同じように小指を上げる練習をします。
これを時間がある時にでも、ゆっくりでいいので無理なくすると良いでしょう。

 

 

正しい指の使い方で、早く動き、遠くの鍵盤まで届く、初級者・中級者に最適な独自の練習法!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について