親指がもたついてしまう

ピアノを弾く際に、親指だけは細かな動きが出来ずいつももたついてしまい、リズムが乱れてしまうということはありませんか?

 

 

音階(スケール)を弾く時に親指から弾きはじめたり、指くぐりしたりと使いずらい指ですね。他の指と比べても長さやついている場所なども違い、他の指とは扱うのが容易でないと感じながらも、具体的な対処法が分からずにそのままにしていると言う人もいるでしょう。

 

 

実際に親指は、他の指と比べてみても関節の位置や役割なども違い、ピアノを弾く時の指の使い方も異なってきます。
そして、親指を上手く使うには、正しく第1、2関節を柔軟に使うことが必要になってくるでしょう。

 

 

ですが、多くの人は親指を日常生活で意識して使うということは少ない為に、理解していないと言うことがあるかもしれません。

 

 

そして、正しい親指の打鍵の位置は、指の爪の側面がふれるくらいのところです。そして第1関節は第2の動きを支えており、素早く動かしたり打鍵の動きに対応するには、第2関節が重要になってきます。
ここが自由に使えるようになると、機敏な動きも可能になり行動範囲がグッと広がります。

 

 

ですが、ピアノを大人になって始めた方や、小さいお子さんは、親指の第2関節がへこんでいる方も多いものです。ここがへこんでいると、そこが支点として役割をしないこともあり、動きが鈍くなってしまうことがあります。その為、他の指に頼った弾き方になってしまうものです。

 

 

逆に親指の第2関節が外に出ていると親指が他の指に左右されないで独立しで動かせるようになり、自らの意志でコントロールしやすくなります。
その為、思い通りにピアノを弾けるようになるには、親指の第2関節を強化することが必要になります。

 

 

強化法としては、親指の第1、2関節がせり出した状態で人差し指と押し合うようにしたり、おもいきり親指と人差し指を広げるようにすると関節が外に出やすくなります。
また、入浴中など体が暖まっている時に、もう一方の手を使って第2関節を押し出すようにすると効果的です。

 

 

正しい指の使い方で速く動き、遠くの鍵盤まで届く独自の練習法!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について