スケールを滑らかに弾くには!?

スケール(音階)を滑らかに弾くことが出来ていますか?

 

 

ピアノを習っていると必ずといっていい程、このスケールの練習をさせられますね
理想のスケールというのは、その中で全ての音が同じ音価(おんか)で、音量がズレがなく、全ての音がスムーズに流れていくようになることだと思います。

 

 

ですが、途中でつまづいたりして、少しずつ乱れて綺麗に流れないといった演奏になっていることが多いものです。
もともと人間の指は、それぞれ長さなども違っているので、5本の指を均等な強さでコントロールするように弾くのは難しいです。

 

 

そして、スケールが滑らかに流れない最も大きな原因は、この5本の指の指の強さの違いにあると言えます。その為、スケールを綺麗に弾くには自分の弱い指を鍛えて均等にコントロールできるようにすることです。

 

 

殆どの人がピアノを弾くのに苦手としている指は、小指と薬指です。この2本の指は特に力が入らず弱いので、鍛える必要があります。
とは言え、小指よ薬指を集中して鍛えるのはキツイ為、指を壊したりすることにもなってしまう場合もあるので、動きやすい中指を組み合わせて、指が痛くなるまでやらないように気をつけながら、毎日練習すると良いでしょう。

 

 

また、親指は他の指と同じように使うのは、構造的に難しいので、スケールをスムーズに弾く方法としては、指くぐりを用いられます。

 

 

指くぐりという動作は、日常生活では無意識で使うと言うことがないので、習得するのが難しいことから、スケールがもたついてしまう原因になります。

 

 

そして、指くぐりというのはピアノならではの動作ですので、訓練して習得することは必要不可欠です。上達するには毎日の積み重ねの訓練が欠かせません。
毎日の習慣にすることで、指くぐりが親指の自然の動作になってきて、腕の重心の移動も自然になり、実際に使う時にもたついてしまうことがなくなってくるでしょう。

 

 

大人からピアノを始めると指が固まって、上達の制限がされてしまうと考えている人もいますが、それは間違いです。正しい知識を知って練習すれば、まるで子供から継続してピアノを習っていたかのようにスムーズに指を速く動かすことができるようになります。

 

 

また、速くピアノが弾けるようになればなるほど「滑らかさ」に悩む人が多いのは、ある力の入れ方に厄介な癖があるからです。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修!ピアノ指・習得プログラムDVDでは、薬指と小指の音をしっかり出せるようになるコツや、指の動きに「滑らかさ」が感じられない悩みの解決方法が分かります。

 

 

左手を右手のように早く動かすには?く!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について