指またぎをスムーズにする練習方法

指またぎがスムーズに出来ますか?
スケールなどで親指くぐりが出てくる時は、本当に自分の指かと思って しまうほど、動きの悪さが気になる人もいるでしょう。

 

 

そして、ドレミファソラシを1234123という指使いで弾く時に、はじめに意識すのは親指くぐりのところではないでしょうか。
親指は、内側に曲げることは日常生活でも良く行いますが、左右にに動かすことはあまりすることがありません。

 

 

また、親指が他の指の下をくぐることで人差し指の準備が遅れたり、薬指のポジションを少し変えないといけなくなったりする不都合も出てくることもありますね。

 

 

したがって、この親指くぐりをすることによって、弾きづらくなる人差指と薬指の動きを配慮することで、スケールの演奏が上手く出来るようになるのです。

 

 

指またぎをスムーズにする練習方法としては、まずドレミファソを12341の指使いで弾き、最後に弾いた1の指は打鍵したままにして、その前に弾いたファを4の指で弾きます。
次に、同じようにして1の指は打鍵したままにし、ラを2の指で弾きます。

 

 

この時に親指の打鍵フォームは崩さないように注意しながら、この2つの指を滑らかな指またぎの動きを意識して、なるべく俊敏に繰り返す練習をするのが効果的です。

 

 

特に大人からピアノを始めた方は、指またぎや指くぐりの動作は独学ではなかなか分かりにくいので、誰かに教えてもらうか、そういう人が近くにいないようなら、DVDなどの映像を良く見てやり方等を学び、分からないことはメールで先生からの個別サポートを受けながら練習するのが上達の近道でしょう。

 

 

分からないことは何でも相談ください!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について