指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法

指の速い跳躍で、遠くの鍵盤を必ず外してしまうという悩みはありませんか?
そもそも指の速い跳躍で正しい位置の鍵盤を外してしまうのは、最初の音を弾いてから次の音に跳ぶ時に弧を描くように軌道で移動するからでしょう。

 

 

このようにすると指を移動させる時間が長くかかってしまい、移動しながら次の音を弾くようになってしまい、予備を跳躍した先の音を出すまでに十分な準備ができません。

 

 

そうなれば、和音の発音のタイミングもちぐはぐになるなど、音を外してしまうのは明らかでしょう。
したがって、指の速い跳躍で正しい位置の鍵盤を叩くには、指の移動を最短距離で可能な限り俊敏に行ったうえで、跳んだ先の次の音を出すまでにしかるべき準備の時間を持っようにしなければいけないのです。

 

 

また、最初の音と跳んだ先で音程やリズムなどの音型が変わり、音程が広くなるようなら手のフォームも変わってくるので、指の機敏な移動と合わせてフォームを変える必要も出てきますね。

 

 

その為、音程差がある場合の跳躍トレーニングとしては、「イチ」と数え始めた瞬間には、跳んだ先の次の音に必要になるフォームに変えつつ、すぐさま水平に跳躍先に移動させるようにするのがコツです。
また、指を跳躍した先での鍵盤で、ピタッと止まる練習もしておくと良いですね。

 

 

更に、黒鍵を含む速い和音の跳躍では、含まない時と同じように素早く水平に移動させるのは変わりませんが、右手の2の指を黒鍵の右側面に引っ掛けて一旦止め、それから打鍵の位置を確認してから弾きます。
このように練習すれば、跳んだ先で弾く前に鍵盤の位置を確認することも出来るので、より正確に打鍵することが望めます。

 

 

いずれにしても、素早く移動することが出来るようになれば、打鍵の位置を確認して弾くことが出来るようになるので、正しい鍵盤を外すと言う失敗もなくなってくるでしょう。
なお、遠くの鍵盤へ跳躍して、正しい位置の鍵盤を叩くのは最初は難しいですが、1つのポイントを押さえれば練習時間を激減させてマスターすることができます。

 

 

遠くの鍵盤を的確にとらえるコツや練習方法をお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について