やわらかい手首の使い方が出来るコツ

ピアノを弾く際の手首の使い方が上手く出来ていますか?
手首は指の動きを左右する大きな役割をすることから、手首の脱力が大切になりますね。
そして、柔らかい手首の使い方ができるようになると、指を速く動かすことが出来るようになり、速いパッセージでも滑らかに弾くことが出来るようになれるのです。

 

 

また、和音などを連続して弾く場合は手首を軸にして上下に動かしますし、スケール等で指をくぐらせる場合は手首を横に移動させますよね。
更にアルペジオなら高音から低音、もしくは低音から高音への動きに合わせて手首も斜め上、下へと動かします。

 

 

このようにピアノを思い通りに弾く為には、やわらかい手首の使い方が大事なんですね。
そんな柔らかい手首の使い方が出来るコツは、手を構えた際に手首を高くすることです。
この時に肘も一緒に高くならないように気をつけて、肩と肘が下って手首の位置が高い状態が理想です。

 

 

そして、まずは鍵盤に指を乗せて手首を上下させてみましょう。また、片方の指でもう一方の手首を下から上にチョンと上げて見て下さい。
手首が上がるようなら脱力している証拠です。

 

 

ただ、指先の力まで抜きずぎたら良い音が出ません。手首は脱力、指先には力を入れるようにするのが理想的と言えます。
とは言え、手首は常に脱力している状態を保つのではなく、力が入ってもすぐに脱力が出来るようにすることです。

 

 

また、強い音を出すには強い手首や指という誤った考えの方を持っている人も少なくありませんね。
しかし、音の強弱は指の力ではなく、打鍵する時の指の速さによるものです。

 

 

指を鍵盤に下ろすスピードが速ければ強い音が出ますし、ゆっくりと指を下ろせば弱い音が出ます。
ピアノは音の強弱やタッチでその人の個性が出ますし、何より曲に表情をつける上でとても大切になってきます。

 

 

いずれにしても、正しい手首・指の使い方ができるようになれば、手首が痛いなども減り楽になることで、これまでと疲れ方が違ってきて、ピアノを弾くことがより一層楽しくなってくるでしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、やわらかい手首の使い方が出来るようになるのはもちろんのこと、強く鍵盤を叩かずとも、強い音を奏でられる意外な手首の動かし方も学べます。

 

今まで弾けなかった憧れの曲も弾けるようになれます!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について