ピアノの指の独立

ピアノを弾く時に10本の指を独立させることが出来ていますか?
大人からピアノを始めた方や、子供の頃にやっていたが、途中でやめてしまい大人になってからピアノを再びやろうと思うと、それぞれの指を独立させて上手く動かすことが出来ないという人も少なくないでしょう。

 

 

そもそもピアノを弾くということは、鍵盤を押さえることだけに意識が向いてしまいがちですが、鍵盤から指を離す時の動作も同じように大切なんですね。
これは同じ音を弾く時には鍵盤から一度完全に指を離さないといけないことからも分かりますよね。

 

 

そして、10本の指を独立させて滑らかに動かすには、弾く前や弾いた瞬間はもちろんのこと、弾き終った後の動作にも注意を払って、指の動きが良くなるように練習することが大切です。

 

 

また、指だけでなく、手首の柔軟な動きもそれぞれの指の独立の為には重要です。
手首に不必要な無駄な力が入っていたり、手首が鍵盤よりも下がっていたりなど、不自然なフォームの状態では、それぞれの指を動かしにくくなります。

 

 

いずれにしても、ピアノ鍵盤を打鍵する時は、指から繋がっている関節や手首、肘、肩のそれぞれが、弱い指の負担を軽くする為の動きをしています。
したがって、ピアノを弾く時に使っている部位は、負担するところが決まっているので、それを活かしながら弾くことで、それが脱力した弾き方にもなり、10本の指の独立にも繋がるのです。

 

 

ですが、本来の役割分担を無視した弾き方をすれば、指や手などを傷める原因にもなり、長時間の練習や難しい曲にも取り組みにくくなり、挫折したり、それ以上の技術の向上が思うように出来なくなってしまうでしょう。

 

 

また、ピアノを演奏する際の理想のフォームというのは、「卵を手で持つように丸く整えるようにして弾く」と良く言われますね。
ですが、どの指も自然に上がったりして動いているので、手の形はあまり気にする必要はないと思います。

 

 

ただ、鍵盤を弾きにくくなるような不自然なフォームは、指を独立させる上でも避けなければいけません。
ですので、指や手首などに無理な力を入れないように、弾く前に軽く握りこぶしを作って鍵盤におき、徐々に力を抜いて開いて、自然な丸いフォームに整えてから弾くようにしましょう。

 

 

なお、腕や肩やに余分な力が入っていると、手の動きも制約されてフォームも崩れてしまうので、体の重心のバランスも整えて、出来るだけ肩から手首までの力を抜いて、リラックスして弾くことも大切でしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、弾く前に映像上の先生方の理想的なフォーム(型)を参考にして手を整えることも出来ますし、正しい効果的な練習法(トレーニング)も分かるので、しっかり取り組めば10本の指が面白いように独立し、もはやイラッとしてしまうことが無くなるほど変化するでしょう。

 

10本の指を独立させる方法をお教えします!

大人から技術のレベルを向上させたい方は必見です。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について