ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない

ピアノでポジションの移動が大きくなると思うようにスムーズに弾けなくなるということはありませんか?
クラシックなどでは、音域の広いメロディや伴奏の動きが大きくなることもあり、ポジションの移動が大きい曲は沢山あります。

 

 

その為、決まった曲しか弾けないという人もいるでしょう。
レパートリーを増やす為にも、ポジションの移動が多い曲は、いきなり両手で弾くよりは、片手ずつ慣れるまで繰り返し練習をして、音の動きはもちろん、ポジションの移動も確実に覚えるようにすると良いですね。

 

 

特に右手に比べて左手の動きが悪いなどの不安がある人は、曲調が安定しなくなる原因にもなることから、右手と左手が合わせずらくなります。
その為、まずは左手がスムーズに動くように練習することが大切です。

 

 

また、新しい曲を行うときは右手から練習することが多いと思いますが、あえて左手から練習してみるのも良いかもしれませんね。
そして、右手のメロディーを覚えるのと同時に、左手の音の動きをインプットしておき、左右の手の動きを覚えたら、両手でゆっくり弾いてみましょう。

 

 

このようにフレーズを把握しておけば、両手で合わせて弾く時に、左手のポジションの準備がスムーズにでき、演奏しやすくなる筈です。

 

 

また、苦手な個所を弾く時や、ポジション移動が多いと、その動作を確認しなければいけないという緊張などから、つい手に力が入ってしまうことがあります。
そうなると、鍵盤へのタッチも強くなりやすいので、強弱の表記にも気をつける必要がありますね。

 

 

いずれにしても、手を柔軟にすることがなめらかな演奏や、ポジションの移動もスムーズに出来るようにりますので、手首をリックスさせましょう。
なお、特に弾きにくいと感じるところは、フレーズごとに区切って練習すると良いでしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、脱力の仕方など、滑らかにに弾く為の力の入れ方のコツや、左手の伴奏が楽にこなせる無駄がなくスムーズに音階を移動できるよう、手の甲の使い方を交えて左手の伴奏が楽にこなせる練習法なども学べるので、今よりクラシックなどのレパートリーを増やしたいという方には最適でしょう。

 

正しい指の使い方で、早く動き、遠くの鍵盤まで届く、初級者・中級者に最適な独自の練習法!

レパートリーを増やしたい方必見です。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について