1オクターブ以上の分散和音が苦手

ピアノを弾くときに細かい音符で指がもたついてしまうということはありませんか?
特に左手で1オクーターブ以上の分散和音が上手く出来ないという方も少なくないでしょう。

 

1オクターブ以上

 

そもそも1オクーターブ以上の分散和音を弾くためには、指くぐりや指越えが必要になります。例えば、指が「5−3−2−1」ときたら、その後に「3」が「1」をまたがなくてはならなくなります。

 

 

ここがポイントなんです。1オクターブ以上の分散和音が苦手な人は、ここでつい肘や腕を上げたりと無駄な動きをしてしまいがちです。
そのようにしてしまうと時間が余計にかかり、なめらかなアルペジオにはなりません。

 

 

分散和音の連続の音型を弾くときには、肘や腕は上にあげずに、横に移動させるようにすることが大切です。
それには、最短距離で出来るように鍵盤を這うように素早く移動させましょう。

 

 

また、手首も必要以上に回したりしません。スッと最短距離で移動するだけなんです。
手首や肘が大きく動いてしまうと、タイミングが遅れますし、それだけ余計なエネルギーが必要。

 

 

何より、指のコントロールがしずらくなって強弱の粒がそろわず、綺麗なアルペジオになりません。
ただ、手首を回さずに、すみやかに最短距離で横に移動させるためには、指の関節の柔軟性がとても大事になります。

 

 

指の関節が固いと、手首の横移動の際に、スムーズな指くぐりが出来ないからです。
指は手首の動きにつられて、なびくようにしなやかに動くようにするのが理想です。

 

 

そして、親指は指先を使わず、指の腹の側面を鍵盤に当てて弾くようにしていくといいかと思います。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す