ピアノ教材の選び方

ピアノを習う時には、クラシック音楽の教材が必要です。
巷にはたくさんのピアノ教材があり、多くの場合、教材によって学習効果が大きく変わlってくるかと思います。

 

教材の選び方

 

良く知られている馴染みのあるものだと、バイエル、ハノン、ツェルニーなどの曲集がありますね。
日本ではツェルニーだけをエチュードと思っている方も多いかもしれませんが、バイエルと同じようにヨーロッパなどではあまり使う指導者はいないようです。

 

 

日本とは違って、ヨーロッパの各国にはクレメンティやベルティーニなどの素晴らしいエチュード曲集があるので、ツェルニーなどの無味乾燥な作品とは違い、音楽的にも特化しています。

 

 

エチュードとは、作曲家であリ教育者が作ったピアノの技術(テクニック)をトレーニングするのに特化した曲集ですが、何故、エチュードが必要なのか?というと、5本の指を正確にコントロールして動かしたり、オクターブや和音を揃えて弾く、トレモロ、3度、6度で速く弾けるようにする。

 

 

1の指の特徴を生かして、鍵盤全てを滑らかに速く弾けるようにする。跳躍やトリルなどの多くのテクニックを凝縮して学ぶということなどがあるでしょう。
そして、ショパンやリストなどエチュードは、そういう名の音楽作品と捉えたほうが良いでしょうね。

 

 

ただ、エチュードは年齢に合わせて無理なくトレーニングしていかないと、指や腕を痛めにしまうことがあるので注意が必要です。
また、これら曲集の教材だけでは習う側にとってのハードルも高くなり、効果的な上達が難しい場合もあります。

 

 

テクニックがつけば、曲の中でのトレーニングに変わってきます。
ピアノの教材の選び方は、基本的には何を使ってもいいと思いますが、使い方が問題です♪

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ
ピアノを大人が再開するには?