指の力が弱い

指の力が弱くピアノがすらすら弾けないということはありませんか?
特に子供の頃にエレクトーンを習っていて、大人になってピアノを始めたという人に多いように思います。

 

指の力

 

エレクトーンを小さい頃から習っていれば、楽譜なども読めますから、ピアノの基礎はだいたい出来ている筈。
ですが、エレクトーンを長く弾いている人が、ピアノの鍵盤を重く感じることも少なくありません。

 

 

電子楽器の鍵盤は一種のスイッチですが、ピアノの場合は、キーを押さえることでピアノの内部の色々な部分が動いて、最後にハンマーが弦を叩くという構造になっています。

 

 

それだけ指にも力がいりますからね。
ですから、エレクトーンからピアノを始める場合には、新しい楽器をやるつもりでしっかりとした指作りをしていくことが大切になるかと思います、

 

 

とは言え、しっかり弾こうと腕に力を込めてしまっては、手の関節が固くなって繊細な指のコントロールが上手く出来なくなってしまいます。
また、腕力をつけようと腕の筋トレをするのどうなのかな?と思います。

 

 

腕の柔軟さがなくなったら意味がないので、指や手首を柔らかくしながら鍛えることが必要でしょう。
それにはスタッカートを使った練習が一番おすすめです。

 

 

最初はゆっくりソフトに、一音一音を切り離して歯切れよく弾いてみましょう。
鍵盤が指に当たるときには指に衝撃が戻ってくるので、それを感じながらじっくり弾くようにします。

 

 

慣れてきたら少しずつ強く弾くようにしていきます。そうするとその衝撃に耐えるだけの力が指に必要になりますが、当たるときだけ指に力を入れ、その後はスッと力を抜くようにします。

 

 

鍵盤の衝撃に耐えるには、指の付け根を強いバネのように柔軟にして、衝撃をしっかり受け止める必要があります。
この関節がしっかり指を支え、鍵盤からくる衝撃を受け止められるようになると、ピアノで芯のあるいい音が鳴るようになる筈です。

 

 

また、ピアノを使わないで出来るトレーニング方法も色々なやり方があるので、時間があるときにでもやっていくことで指の力は徐々に強くなっていくかと思います。
そして、鍵盤に力を入れることを覚えるのと同時に、次の瞬間に力を抜く脱力のコツも身につけていくと良いでしょう。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない