ピアノを大人が再開するには?

子供の頃にピアノを習っていた大人で、これからレッスンを再開される人はますます増えてくると思います。

 

再開

 

音大進学ではなく、別の道を進んだがピアノ熱い思いは断ち切れないで、また基礎から学び直したいという方や、大人になってまた弾きたくなり独学でレッスンを始めたなど…。
それぞれのレベルは違っても、気持ちは一つ、真剣にピアノが上手になりたいと願っている筈です。

 

 

ピアノは専門家になるわけではないからといって、軽く扱うことはできませんよね。
やるからには、誰しも上達したいものです。
現在のレベルに差はあっても、それぞれ学び直したいと、ピアノの再開に適した教材や練習方法を探している人もいるのではないでしょうか。

 

 

ピアノを再開する人の多くは、「イメージはあるのに、どう弾いていいかわからない」という奏法の悩みを持っている方が多いように思います。
特にピアノを再開する人は、指が思うように速く動かないといった悩みもある筈です。

 

 

そのような大人の方のレッスンでは、どのレベルでもまずは脱力奏法をマスターすることが大切です。
特に大人からピアノを再開する方は、年齢が上がるにつれて、体の故障にも気をつけることが必要になるからです。

 

 

イメージ通りに指が速く動かないからといって、無理をしすぎると指や手を傷めたり、腕や肩が痛いなどの症状が出てしまいます。
逆に、体を楽に正しく使う脱力奏法を身につければ、今まで抱えていた手の痛みや肩こりなどもなくなり、指もスムーズに動くようになってくるでしょう。

 

 

ですので、練習は量より質です。また、練習に関しては大人の方は復習が大切です。
変な癖をつけてしまうと、マイナスに行ったものをゼロに戻し、それから進めていくのは大変だからです。

 

 

何より、元が不安定なのにいくらその上に無理な練習を積んでもまた崩れるだけです。
ですが、ピアノの上達は何歳になっても諦める必要はありません。気がついたら楽な弾き方に変えていけば良いのです。

 

 

ピアノを長く弾き続けるためにも、大人の方にとって脱力奏法、練習方法は重要です。

 

大人の再開教材には最適!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ