長い曲の練習は?効率よく上達させる方法

ピアノの長い曲の練習はどのようにやっていますか?
ピアノはレッスンが進み、練習する曲のレベルがあがってくると、徐々に長い曲に取り組むようになってきます。

長い曲

 

そうした長い曲は、一般的には少しずつ区切って練習したほうが指や手の動き、リズムなどを正しく把握できますから、それだけ早く上達が期待できるでしょう。

 

その為には、まずは曲全体の構成を把握する必要があります。

 

 

そのうえで1曲をいくつかのブロックに分けるといいかと思います。
ただ、あまり細かく分けてしまうと、曲全体の強弱の変化や流れが掴みにくくなってしまいます。

 

なので、楽譜に表示されたリハーサル記号等を参考にしながらいくつかのブロックに区切って練習すると良いでしょう。

 

長い曲は冒頭と同じメロディが後半で再び出てきたり、後半に違う調に転調して出てくることもありますから、最初に曲全体の流れを把握しておくわけです。

 

 

そうすることで効率よく練習することができ、ニュアンスや強弱の付け方など、その曲をどのように表現していくかの参考にもなります。

 

そして苦手なフレーズは片手で繰り返し弾いて慣れるようにしていきましょう。

 

また、同じメロディが曲の中で繰り返し出てくるような時には伴奏のリズムが変わったりメロディーにハーモニが加わったりするなど、変化することがあります。

 

 

そうしたところは時間をかけて練習していきましょう。
一曲通して弾く際には、分けて練習したブロックの繋ぎ目が滑らかにつながるように強弱の違いなどに注意しながら感情表現豊かに演奏してください。

 

更に、長い曲は後半になるほど練習時間あが前半に比べて短くなるので、重点的に後半を練習するなど工夫をすることも必要で、演奏したときに全体のバランスを整えることが大事です。

 

いずれにしても、難しく感じたりするポイントというのはだいたい同じで共通しているもので、誰もが同じ悩みやプレッシャを感じながら取り組んでいます。

 

 

自分にはどうしても上手く出来ないことがあったら、同じことを思った人もたくさんいて、みんなそれをクリアして上達しているはずです。
そう考えたら、解決策もあるということです。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ
ピアノを大人が再開するには?
連打のコツ
タッチが弱い
ピアノで滑ることのない指を作るには?
月の光で拍子が上手くとれない
ピアノの伸び悩みを解消するには?