ピアノの基礎を大人が学ぶ意味

大人になってからもピアノは基礎をやったほうがいいのか、と思われる方もいるかもしれません。

 

今は昔と違い、大人の趣味で教室で習う場合に「この曲が弾きたい」と強い希望があればいきなりその日から曲練習に入ることもあります。

 

これまでとは違う形のレッスンも行われていたりと、今は子供より大人のほうが趣味でピアノを習う人が多いくらいになって、ピアノの基礎の学び方、教え方も変わってきたように思います。

 

 

ですが、一貫してピアノの基礎は子供の頃に身につけるのが良い、と言われます。
確かにその通りで、私自身にも言えることでもあって、子供の頃に基礎を学んでいないと少し先に進んでから困ることが出てきます。

 

そうした時にこそ、自分のテクニックがどういうふうになっているのか見直すのが大切ではないかと思います。

 

例えば、指の独立はピアノ演奏の基礎中の基礎ですから、どんな曲にも役立つテクニックです。

 

 

それぞれの指が独立していて、他の指に影響されずに自在にコントロールできることは、ピアノ演奏の基本だからです。

 

アルペジオなどの基本テクニックは、すべて指の独立という基礎の上に成り立っています。

 

それには、指を根元から動かすように打鍵し、自分の音をよく聴いて練習する必要があります。

 

 

良くないのは指の真ん中の関節を動かして、ひっかくみたい打鍵したり、指先に一番近い関節が打鍵時にそっくり返ってしまうこと。

 

これらの関節は自発的には動きませんが、打鍵時に指先にかかる重さを支えるだけの強さが必要です。

 

指の付け根の関節の高さと、手首の高さが変わらないようにして指を動かします。
といっても、手全体をガチガチに固めてはいけません。

 

 

指の付け根の関節を支点にして、指を付け根から動かすようにして打鍵することが、ピアノ正しい基本の打鍵動作です。

 

このように、上手く弾けない原因が何かとわかれば、どこを直したらいいのかがわかり、合理的且つ、効率的な練習ができますね。

 

ですから、ピアノの基礎は大人になってからでもどんどん見直していったほうがいいですし、大人になってからでも遅くはありません。

 

 

子供は身につくは速いですが、忘れるのも速いので基礎練習を続けないと定着しません。

 

一方、大人の場合は逆に定着するのに時間がかかりますが、一度定着すると長持ちする傾向があると思います。

 

大人になって基礎を見直すことはとても意味があることだと思います。

 

 

ただ、大人の場合、もしかすると今役立つことを少しずつやっていくほうが良い場合もあるでしょう。

 

今は独学で学ぶ人がいたりと、ピアノの習い方も多様化しており、色々な選択肢があるということはとても大事です。

 

その中の一つとして、この国立音大卒の一流講師陣指導・監修のピアノ指習得プログラムで学ぶと、どうしたら合理的な練習ができるか、今よりレベルアップができるのか、DVDの映像でよくわかるのではないかと思います。

 

 

その結果、テクニックが身につき、演奏が豊かになり、楽しみ方もぐん〜と広がります。

 

TOPへ

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ
ピアノを大人が再開するには?
連打のコツ
タッチが弱い
ピアノで滑ることのない指を作るには?
月の光で拍子が上手くとれない
ピアノの伸び悩みを解消するには?
長い曲の練習は?効率よく上達させる方法
ピアノの指使いは守らなければならないのか?
柔らかい音を出すコツ
レガートの弾き方
ピアノは筋トレも必要?
ピアノは目標や課題をもち練習に取り組もう
独立した左手を作ろう
エレクトーンからピアノは弾けない
ピアノの曲の仕上げ方!2音で弾く練習
ピアノが上手く弾けない!テーマを絞って練習しよう
好きな曲でのレッスン!教えてもらうことの大切さとは?
ピアノの初見のコツとは?
ピアノは練習のポイントを決めることが大切
ピアノは楽しいもの!弾きたくない原因は?
アルベルティバスの弾き方
ピアノの弾ける曲の幅を広げるには?
重音の練習!弾き方のコツとは?
ピアノの弾きにくいところの練習法