重音の練習!弾き方のコツとは?

重音をキレイに弾きたい、ということはありませんか

 

重音とは音階などのパッセージを3度、6度等で片手で演奏をするといった、1つ以上の音を同時に出すこと。

重音の練習

 

重音の弾き方のポイントはバランス。

 

 

上声と下声の釣り合いを取りながら、上声を明瞭にハッキリ目に演奏することです。

 

とは言え、右手は中指、薬指、小指という弱い指が上声を弾くようになるので思った以上に難しいものです。

 

そのため、まずはバランスを取る練習をすることが大切です。

 

 

例えば、下声の「ド」は上声の「ミ」の半部くらいの音量を目安に弾くと良いかと思います。

 

また、音の長さを十分に保って弾くテヌートがついている同音連打なら、手首を使って跳ねないように柔らかく打鍵するのがコツです。

 

そして、3度重音がキレイに弾けないという人も多いですが、その原因として隣り合う指を十分に独立させていないということがあります。

 

 

3-5から2-4の指に移る際、タイミングがてんでんバラバラになって食い違わないようにしましょう。

 

特に薬指(4)は動かしにくいですが、指の付け根の関節をしっかり使うよにするのがコツです。

 

また、2−4、1−3の移動も同じです。

 

 

さらにレガートで同じ重音を他の指に移し替える場合もありますが、一つひとつの音が途切れないように、音をなめらかにつなげて弾きましょう。

 

そのためには、指替えで手が鍵盤から上がってしまうのに注意して、手首を上手く使って音と音の切れ目を短くすことが大切です。

 

ちなみに、6度の重音は上声、下声の両方をレガートするのは厄介です。
曲によっても違いますが、下声はだいたい親指(1)の連続となります。

 

 

一つひとつの音が途切れたり、跳ねたりしないように、手首を柔軟に使って音の長さを保つようにしましょう。

 

そして、3度と6度の重音になれたら、両方が出てくる曲に挑戦してみてください。

 

いずれにしても、重音の弾き方のポイントは、上声と下声のバランス。
下声の音量は上声の半分くらいと考えてちょうどいいです。

 

 

重音の練習では、指の独立やレガートに配慮しながら行っていきましょう。

 

ちなみにショパンのバラード第2番は、難しいテクニックが必要になります。

 

重音を含むアルペッジョ(アルペジオ)の音をバランスよく弾くことで克服することができます。

 

TOPへ

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ
ピアノを大人が再開するには?
連打のコツ
タッチが弱い
ピアノで滑ることのない指を作るには?
月の光で拍子が上手くとれない
ピアノの伸び悩みを解消するには?
長い曲の練習は?効率よく上達させる方法
ピアノの指使いは守らなければならないのか?
柔らかい音を出すコツ
レガートの弾き方
ピアノは筋トレも必要?
ピアノは目標や課題をもち練習に取り組もう
独立した左手を作ろう
エレクトーンからピアノは弾けない
ピアノの曲の仕上げ方!2音で弾く練習
ピアノが上手く弾けない!テーマを絞って練習しよう
好きな曲でのレッスン!教えてもらうことの大切さとは?
ピアノの初見のコツとは?
ピアノは練習のポイントを決めることが大切
ピアノは楽しいもの!弾きたくない原因は?
ピアノの基礎を大人が学ぶ意味
アルベルティバスの弾き方
ピアノの弾ける曲の幅を広げるには?
ピアノの弾きにくいところの練習法