ピアノで譜読みを速くする練習

ピアノで楽譜をすらすら読める人をうらやましく思う人は少なくないと思います。
かく言う私もその一人。

譜読みを速くする練習

 

しかし、普通の人でも工夫と努力で腑読みの速さは上がっていきます。

 

とはいえ、ピアノを弾く人の中には、初めて渡された譜面を読んで、ほとんど練習なしに弾く初見の能力が通常では考えれないレベルといっていいくらい、高い人がいます。

 

 

残念ながら私は初見があまり得意ではなく、譜読みもそれほど速いとはいえません。

 

まずそれをお断りしたうえで、譜読みを速くする練習法について考えてみたいと思います。

 

私の場合、まずは譜面をざっと一通り読んだあと、初めから終わりまでざっくりと弾いてみます。

 

 

その上でできるところとできないところを分けて、練習すべきところを特定します。

 

難しい曲だといきなりピアノで弾いてもうまくいかないので、楽譜を使って指使いをさらったり、リズムなどチェツクしたりしながら曲の流れをつかむようにしたほうが良いでしょう。

 

また、うまくできない個所は、テンポを落として練習します。

 

 

範囲もできるだけ短くブロックに区切り、出来るようになったらテンポを速くして、うまくできたら次のブロックに移ります。

 

そして複数のできなかったブロックをつないで弾いてみると、必ずといっていいほどつまずくポイントが出てきます。

 

そのポイントが一つならその個所を重点的に練習を行い、二つ以上なら再びブロックに分けて、一か所ごとに練習するということを繰り返します。

 

 

このとき、つまずいているポイントは何が難しいのか、原因をはっきりさせましょう。

 

指が速く動かない、指が弱い、ミスタッチ、テクニック不足など、難しい理由が必ずあります。

 

理由がわかれば、それを解決するための練習をしましょう。

 

 

大切なことは、問題を出来るだけシンプルにすることです。そしてそれを解決するための練習を工夫して行うこと。

 

できないからといって、できるまでひたすら反復練習することほど無駄な時間はありません。

 

なので、譜読みを速くするには、練習すべきところを仕分けるのが有効です。

 

 

特に、家事や仕事などで忙しい大人がピアノをやっている場合、練習時間にも限りがあるので、効率よく練習することを心がけましょう。

 

ちなみに、私が声を大にして言いたいことがあります。
譜読みとは「間違えないように弾く」ためにするもので、本来、すべき練習は、譜読みの先にある表現力や感情を込めた演奏をするために行うものです。

 

ところが、多くの人が譜読みで止まってしまっています。

 

 

「間違えずに弾けるようになったからいいや!」
じゃなく、そこから先が練習です。

 

最近は、インターネットの無料動画などもあるので、それらを使うのも良いですが、自分の無理のない範囲でお金を使い、先生から指導を受けたりと、効率よく練習することおすすめします。

 

TOPへ

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
トリルが上手く弾けるコツ
ピアノを大人が再開するには?
連打のコツ
タッチが弱い
ピアノで滑ることのない指を作るには?
月の光で拍子が上手くとれない
ピアノの伸び悩みを解消するには?
長い曲の練習は?効率よく上達させる方法
ピアノの指使いは守らなければならないのか?
柔らかい音を出すコツ
レガートの弾き方
ピアノは筋トレも必要?
ピアノは目標や課題をもち練習に取り組もう
独立した左手を作ろう
エレクトーンからピアノは弾けない
ピアノの曲の仕上げ方!2音で弾く練習
ピアノが上手く弾けない!テーマを絞って練習しよう
好きな曲でのレッスン!教えてもらうことの大切さとは?
ピアノの初見のコツとは?
ピアノは練習のポイントを決めることが大切
ピアノは楽しいもの!弾きたくない原因は?
ピアノの基礎を大人が学ぶ意味
アルベルティバスの弾き方
ピアノの弾ける曲の幅を広げるには?
重音の練習!弾き方のコツとは?
ピアノの弾きにくいところの練習法
ピアノを弾けるようになりたい!上達の秘訣は?