1日にどれくらい練習すればいいの?

ピアノは1日にどれくらい練習すればいいのでしょうか?

 

 

ピアノの練習時間を気にされる人が意外に多いのですが、大事なのは練習時間より内容で、練習量ではなく質(内容の濃さ)が大切です。

 

 

もちろん、プロを目指すなら時間をかけることも大切ですが、そうでないなら必ずしも時間をかければ良いとは限りません。
時間ばかりかけて練習しても、間違った弾き方などをしていれば指を痛めたりしますので、正しい練習方法で効率よく楽しみながら行うほうが断然上達が早いです。

 

 

そして、ピアノは全身運動ですので、弾く前はしっかりウオーミングアップして、身体を温めてから、簡単な練習曲などから始め指を慣らしていきましょう。

 

 

指が慣れて来たら、今のあなたが楽に弾ける曲を弾きます。
そして、最後に今のあなたが上達して弾きたい、最も力を入れている曲を練習します。

 

 

上手く弾けないフレーズなど部分練習をしたり、少しきつめの練習しても良いです。
出来るだけハードな練習は短時間で集中して済ませ、身体をほぐしたり、指を慣らすことに時間をかけた方が良いと思います。

 

 

指など十分に慣らしてから正しい方法で練習練習すると、身体にも負担が少なく吸収も早く身に付きやすいので、結果上達も早くなります。
ハードなキツイ練習は、指や腕などを痛め腱鞘炎などの原因にもなりますので、長時間続けないようにしましょう。

 

 

国立音大卒の一流講師陣の腕や指を痛めない正しい練習とは?

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる