オクターブの弾き方

オクターブを上手く弾くことが出来ていますか?
趣味でピアノを弾いている人の中には、オクターブが届かないで苦労している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

ですが、オクターブは、手が小さい人でも訓練することで届くなっている方も多いものです。
そもそもオクターブは、ほとんどは1と5の指しか使わない為に、そればかりに気をとられて、他の指や全体の手の形を忘れてしまっているような人が多いように感じます。

 

 

なかでも最も良く見かけるのは、1と5の指はかろうじてギリギリで打鍵していても、うまく自然な形で出来ていないことから、手首やその他の指に力が入りすぎて弾いているケースです。
当然、これではすぐに腕の筋肉が疲れてしまい、速いテンポの曲や長いパッセージには対応出来ません。

 

 

また、音自体もやかましい感じの響きになってくるものです。
オクターブの弾き方やコツとしては、指を垂直に降ろして突き立てるように打鍵するのではなく、1と5の指で砂を掴みあげるようなイメージで弾いてみると良いでしょう。

 

 

また、ピアノは単旋律のみで動くことの方が稀なので、少し上達したクラスになると複数の声部を片手で弾き分けならないこともたびたびあるものです。また、音を重ねることもありますね。

 

 

こうした重音を旋律的に演奏する場合も、2つの音がきちんと同時に打鍵されなければいけません。
そして、最も頻度が多い3度や6度のオクターブの練習としては、その2音間でも右手なら上声部、左手なら下声部が一般的ですが、その外側の声部を少し強めに響くようさせます。

 

 

構える時から手全体を強めに出すほうへ4〜5mm程度少し傾けるようにするとやりやすいです。
いずれにしても音階が単旋律の時と同じように全体を大きな動きとして捉えることが大切でしょう。

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修!ピアノ指・習得プログラムDVDでは、左手の伴奏で疲れやすい、オクターブのトレモロの弾き方なども学べ、これをマスターすることで、13小節続くトレモロでも、手がつかれないように 手首を楽にして弾けるようになれます。

 

ピアノの指の練習法や上達でお困りの方は、何でもご相談下さい!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について