ピアノの強弱をつける弾き方のコツ

ピアノでの強弱をつける弾き方が上手く出来ていますか?
特に強弱記号のp(piano)が出てくると音が抜けてしまうなど、苦手意識がある人も少なくないでしょう。

 

 

実際に、p(弱い音)の状態を維持したまま長いフレーズなどを弾くことは難しいものですね。
そもそもピアノの鍵盤の真ん中あたりには一度停止するポイントがあり、この鍵盤の半分程度の深さのポイントで音を出すことをハーフタッチと言います。

 

 

分からない人はピアノの鍵盤をゆっくり押してみましょう。
そして、これはp以下の弱い小さい音を出す時に使い、このハーフタッチが上手に使えていないと音が抜けたりすることに繋がってしまうのです。

 

 

その為、まずはハーフタッチで音が出るポイントを確認してみましょう。
また、この時の指や手首、腕などの力加減覚えておくことが大切ですね。もちろん、どんな音でも脱力をして弾くことは欠かせません。

 

 

そして、基本的にはpでもfで強弱をつけて弾く時は、腕の重みを肘と手首を支点にそれぞれ持っていくところまでのフォームや力の使い方は同じで、その後に指に乗せる重みを調節することで、pやf(forte)などの強弱を弾き分けるようにします。
これがピアノの強弱の弾き方のコツです。

 

 

手首や肘が安定した状態で強弱を弾ければ、打鍵が安定するので音抜けが減りますし、どんなフレーズでも粒が揃ったpで弾くことができるようになれますね。
いずれにしても、p(弱い音)というのは、弱い力で弾けば良いということではありません。

 

 

どこにも力が入っていないような状態でピアノを弾いても、かえって音が抜けてしまうだけなので、まずpは力を入れない、弱い力で弾くという認識を改める必要があります。

 

 

したがって、ピアノの強弱をつけて弾くには、フォームを崩さないで、手首や肘には腕からの重みをしっかり保って、指先に掛かる重みの量をコントロールすることこそが大切になってくるので、ハーフタッチの時の指に掛かる重みの賭け方を覚えるようにしましょう。

 

 

なお、ハーフタッチで弾く練習をする時は、どんなにテンポが遅くても構いません。自分が無理なく弾けるテンポで、しっかりアフタータッチができているかどうかチエックしながら行うようにしましょう。

 

 

練習方法や悩みなど何でもご相談下さい!

誰でも取り組みやすい練習方法です。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について