ピアノは手首の使い方で上達する

手首の使い方が上手く出来ていますか?
実はピアノは手首の使い方しだいでテクニックが上達するのです。

 

 

そのそも体の各部分には得意なことと苦手なことがあります。
体に無理がなく良いテクニックとは、体の各部分にそれぞれ得意なことをさせて、お互いが助けあった状態であるということなんですね。

 

 

逆に、体に負担がかっているという場合は、それぞれの体の各部分に苦手なことをさせて、互いに動きをしにくくさせているしまっていると言えるのです。

 

 

例えば、指は体の中で最も細かい動きが出来るところですから、鍵盤の上下させる動きは適任といえます。
それに比べて手首は細かい動きは苦手で、もしそれをさせてしまったら、指本来の動きがしにくくなり、手も疲労する上にスピードも出ません。

 

 

一方、指は横の動きが得意ではありません。
ですが、手首は前後左右、細やかに動くのが得意でので、指が横の動きをしなくてもそれぞれの音が弾ける位置に手を持っていってあげれば、指は得意な上下運動することに専念でき、より良い動きをしてくれるわけです。

 

 

これは手首と指が助け合った状態になりますが、それには肩の力を抜けていて、腕が自由に動けるようにしておかなければいけません。
このように手首はすばらしい能力があり、上手に使いこなすとピアノの演奏のテクニックも上達してきます。

 

 

何より、指と腕を繋いでいるので手首はリーダー的存在です。
きちんとリーダーシップを示してくれると指も腕もそれぞれの役割を果たしやすくなり、さもないと、弾きにくくなるだけではなく、手を痛めたりします。

 

 

そして、手首の重要な役割の一つにポジション移動があり、イメージとしてはふわっと釣り上げられて、手首から移動していく感じです。
このようにすると次の場所に手首と腕が移動を開始しても、指先は前の音の鍵盤に少し残されて一番ゆっくりと鍵盤から離れるようになり、音の切れ目もブツッと切れてしまうことを防ぐことにもなります。

 

 

更に、指が弾きやすいように微調整する役割もあります。
ある程度の高さを保って指が動きやすいスペースをキープしながら、指が弾くたびに少し手首を持ち上げるようにして、指が下に降りやすいようにしてあげます。

 

 

ただ、気をつけなければいけないのは、手首と指の上下運動を一緒にしないようにしましょう。
指先と共に手首が下がるのは、手首が指の代わりをしてしまっている状態なので、手首から押されて指を細かく動かすことが出来なくなりますし、音も一音ずつ固くなってしまいます。

 

 

そのようになった時には、腕を前へ出し手首はほんの少し持ち上げながら、指先は降ろしていくようにしてみてください。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、曲想に合わせた音色で弾くためのポジショニング、手首の使い方などのテクニックのことが取り上げられているので、難しい曲もこれまでより弾くのが簡単になるでしょう。

 

正しい指の使い方で、早く動き、遠くの鍵盤まで届く、初級者・中級者に最適な独自の練習法!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について