両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?

1つのフレーズを両手を使って弾く時に、滑らかに弾けないという悩みはありませんか?
スケールやアルペジオなどの片手では弾けないフレーズは両手を使って弾きますが、それえでなくても長いフレーズは片手で弾いてもガタガタしてちぐはぐになってしまうのに、両手を使って滑らかに弾くのは尚更難しいものです。

 

 

とは言え、長いフレーズはその曲で心に響くような部分に使われていることが多いので、見事に決めたいところですよね。
更に、つなぎの部分がどうしても上手にいかないということもあるのではないでしょうか。

 

 

音の粒を揃えるには片手で弾く時でも難しく、5本の指の強さを同じようにコントロールしないとガタガタしてしまいます。
そもそも5本の指の強さは同じではないですし、つなぎとなる部分は親指が担うことが多いからでしょう。。

 

 

これはピアノが速く弾ける人になるほど、親指の力の入れ方に厄介な癖があるように思います。
親指は特に努力をしなくても強い音が弾けてしまうものなので、つなぎの部分を上手く弾きたいがために、つい力んで音が飛び出してしまうことも少なくないでしょう。

 

 

その為、両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには、脱力して手首で音量をきちんとコントロールする必要があります。
日頃から親指をコントロールしやすいようにトレーニングし、手の位置が移動するたびに手首がふらつかいようにすることが大切です。

 

 

いずれにしても、フレーズを弾く時に、手首がふらついたり、指くぐりの際に手首が上下したりしているようなら手首の支えが安定していないと言えます。
音量や音価、5本の指のバランスを調節しているのは手首の支えなので、手首が安定しないと指先に送る重みを制御出来ない為に、フレーズにばらつきが出て、滑らかに弾くことが出来なくなるのです。

 

 

また、練習を長時間やるなど手首や肘などに疲労感があるようなら、腕の重みを手首が支えられなくなりふらつくこともあるので、すぐに練習を止めて休息をとることも大事です。

 

 

このようにどんな曲、フレーズでも手首の支えが大切な役割をしているので、練習中は正しい状態が保たれているか、こまめにチエックするようにしましょう。
なお、手首の安定の作り方は「和音がずれる」のページをご覧ください。

 

 

指の動きに「滑らかさ」が感じられない悩みの解決方法をお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について