左手の動きが悪い

左手の動きが、利き手の右手に比べて非常に悪いという悩みはありませんか?
左手が右手につられたり、難しいフレーズの時に思うように対応できないなど、利き手が右手の場合は左手が、利き手が左手なら右手が、利き手でない為に動きが悪いという人は多いものです。

 

 

また、左手だけが細かな動きをする時などは、それに気をとられて今度は右手がおろそかになってしまうなど、何かと利き手と逆の手は、どうしても苦手な人が多いですね。これは、単に利き手ではないからという理由です。

 

 

そもそもピアノを弾く動作は、日常にはない動きですので、利き手でも慣れるまでは難しいでしょうから、それが利き手ではない左手が自由に直ぐに使える筈もありません。

 

 

利き手ではない方の手の動きが悪いという対策としては、単に慣れていないだけですので、たくさん使って慣らしてあげればいいのです。

 

 

もし、あなたが左手(利き手でない方の手)は簡単な伴奏だから右手だけ練習すれば良いと思っているようなら改めましょう。例え、自分にとって余裕で弾けるフレーズだとしても、利き手である右手以上に、左手も練習することが大切です。

 

 

また、左手は伴奏を受け持つことが多いことから、何となくといった感じで弾いていませんか?
このように弾いていると、いざ左手を意識して弾こうとした時に、上手く弾く方法がわからなくなってしまうこともあります。これは、殆どの場合は日常の習慣によって身についているものです。

 

 

これを改善するには、左手を日常生活で意識して使うように心がけることで、使い方も分かってくるようになってくるものです。
これまで右手で行うことが多かったことを意識して左手で行ってみると良いと思います。

 

 

例えば、飲み物を飲む際にコップを左手で持ったり、ドアノブを回したり、歯磨きなど、日常生活でこれまで利き手でよく行っていたいたことを左手で行うようにします。
これを習慣にすることで、利き手でない方の手も使いやすくなってくるでしょう。

 

 

なお、ピアノを弾く技術は、指だけでなく手のひら、そして手首の筋力の訓練方法に秘訣が有ります。

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修!ピアノ指・習得プログラムDVDでは、巷のピアノスクールでは教えていない訓練方法や無駄がなくスムーズに音階を移動できるよう、手の甲の使い方なども紹介してあり、これを知れば、もう右利きを理由に左手が苦手だと言う ことは無くなるでしょう。

 

左手を右手のように早く動かすには?

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ