オクターブを弾くと手が痛くなる

オクターブを弾くと手が痛くなるという悩みはありませんか?
特に連続したオクターブのフレーズを弾くと、手が疲労して痛くなるという人も少なくないでしょう。
それでなくても単発で弾いただけで手が痛くなるということも良く聞きますね。

 

 

こうした悩みの原因としては、オクターブを弾く際の力のかけ方や抜き方のタイミングが悪いことや、手が小さいことからオクターブを弾く時に指がギリギリ届く、もしくは届かないので、無理やり手を開くので力が入ってしまうなど、手首や腕に大きな負担になっていることもあるからでしょう。

 

 

そして、オクターブを弾くと直ぐに疲労して手が痛くなるという方は、打鍵する時に手首や腕に力や重みをかけっぱなしにしていることが多く、それが負担になってしまっているのです。
また、オクターブに苦手意識があることから、余計に緊張して必要以上の力をかけっぱなしにしまっていることもあります。

 

 

もちろん打鍵する時は手首や指先に重みがかかっていないといけません。
ですが、打鍵し終わったら、かけていた重みや力は必要ないので、すぐに解放しましょう。
したがって対策としては、打鍵した瞬間には重みを乗せ、終わったら瞬時に力を一気に抜くという動作をひとまとまりとして考えると良いです。

 

 

また、手首に力が入るのは、手はが小さいことで無理やり手を開いくことで力が入りやすので、オクターブを弾く時は、和音と同なじように鍵盤をつかむようなフォームを意識するのがコツです。

 

 

このようにすることで、腕から手首にかかった重みを手のひらに分散させることができ、オクターブの為に開いたフォームが安定しやすくなるんですね。
また、手首に重みがかかった硬い状態で使ってしまうと、重みを支えた状態で手首を動かすようになり、それだけ負担が大きくなるので、フォームを保った状態で手首のスナップを利かせるようにしてみて下さい。

 

 

このスナップを利かせる動作は、脱力していないと上手く出来ないので、弾きながら脱力ができ、余分な力が入らず、オクターブの苦手意識もなくなってくるでしょう。

 

 

なお、この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、鍵盤をつかむように練習する方法から、手が小さくオクターブで指を広げないといけない場合でも、指が届かない場合の練習方法やコツを交えて分かりやすく解説してあります。

 

1オクターブ指が届かない方に有効な練習方法とは?

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方