ピアノ上達は部分練習が確実

部分練習をしっかり行っていますか?
ピアノが上達するには、最初から終わりまでを何回も繰り返してもなかなか弾けるようにはなりません。

 

 

当然、初めより終わりのほうが集中力も落ちてくるものです。
また、1回間違えると、そこから最初に戻ってやり直すという人も多いですが、そうすると最初の部分だけ上手くなって、終わりになればなるほど弾けなくなってしまいます。

 

 

ですので、模範演奏などを聴いて一曲を通して全体を把握することができたら、何パートかに区切って、部分練習したほうがピアノが上達するには確実でしょう。

 

 

暗譜する必要はありませんが、覚えるくらいのつもりでやったほが集中できますね。
また、パート分けする時には、同じ音型や似ているパートを探して、その部分が分かるように印をつけておくと良いでしょう。

 

 

意外と共通する部分は多くあるもので、リズムがちょつと違ったり、後半のフレーズだけが違うということも少なくないです。
そのように整理していけば譜面がシンプルに見えてくるようになり、難しいところを如何に分かりやすくして頭に入れていくかが、いい演奏に繋がります。

 

 

また、初心者はもちろんですが、中級者も片手練習は必須でしょう。
面倒なのでやりたがらない人も多いように感じますが、それぞれの手や指がどういうパートを受け持っているかを手に覚えさせるためにも必要です。

 

 

この時に左手のみで練習するなら、メロディーの右手を想像しながら練習するようにします。
何故なら、片手だけだと機会的なものになってしまうことがありますし、何より両手になった時にスムーズに出来なくなってしまいます。

 

 

片手練習では弾けるところは速くなり、弾けないところは遅くなったりとテンポや音の長さを無視しがちになります。
このようになると、両手で弾く時に成果が出にくくなります。

 

 

ですが、いかなる時でもテンポと拍感は意識して練習することがポイントです。
いずれにしても、上手く弾けないところには必ず原因があります。
例えば、速い音型では焦って崩れてしまったり、薬指だけ音が弱くなったりしまうとかある筈なので、それを追及しましょう。

 

 

そして、弾けない部分や難しいパートだけを切り取って上手く出来るようにすることです。
原因がはっきりせずに、いくら練習しても疲れるだけで効果は薄いでしょう。
弾けないところの練習が終わったら、今度は前後のフレーズを繋げるようにしていけば、苦手な部分と前後のパートが繋がるように練習して行きましょう。

 

 

この時には、コツを覚えることが大切なので、譜読みの段階でもフレーズが把握できないほど遅いテンポで弾かないことが大事です。
ただ、初心者の方はゆっくりが基本ですが、慣れてきたらほどよいテンポで弾いていくようにして下さいね。

 

 

なお、練習時間が取れない時は指ならし的なものを5分程度やるだけでも違ってくると思います。
練習出来ないと焦っても精神衛生上良くないですし、やらないといけないと思うとピアノに向かうのが億劫になってしまうので、不要な思いに支配されない為にも、効率の良い練習をしていきましょう。、

 

 

正しい指の使い方で、早く動き、遠くの鍵盤まで届く、初級者・中級者に最適な独自の練習法!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方