大人のピアノの練習時間について

ピアノの練習時間はどのようにしていますか?
大人からピアノをやろうとすると練習時間がないという方も少なくないと思います。
仕事などで帰宅後に、毎日決まった時間に行うのは難しいものですね。

 

卓球DVD教材

 

現実的には、ピアノに長く触れている時間が多いほど上手になると思っている方が多いことでしょう。
ですが、練習をする目的は、昨日より少しでもうまくなるために行うので、時間や回数と上達は比例しないのかなと。

 

 

もちろん、実際の練習の中では、はっきりとした目的と意識に基づいて回数を決めて弾くことはあるでしょう。
ですがあくまで、始める前より上手くなるために練習をするのですから、たった1回弾くだけの時間でも良いと思うのです。

 

 

いや、むしろ、次に弾く1回だけで、何とかして上手に弾こうとする意識こそが一番大切なのかもしれませんね。
その一回が、ゆっくりであっても、テンポどおりであっても、片手だけであっても、部分練習でも、どこが弾けてどこの指の使い方が上手くいかないのか?

 

 

今どこを直さなければいけないのかという意識をもって、一回を大切に弾くようにしないと、何時間弾いてもより良く改善されないような気がします。
改善されるべきところが直されないまま、脳に経験として惰性的な弾き方が摺り込まれてマンネリ化してしまえば、その後に直そうとすればかなり大変そうです。

 

 

何より、練習する本人が「何だか上手く弾けないな〜」と思いながら、毎日とにかく30分とか、10回弾くというようにしても、しだいにうんざりしてきて、考えるだけで嫌になってしまって、ピアノを弾くこと自体が楽しいと思えなくなってしまうでしょう。(>_<)

 

 

仕事などで、間日決まった時間に練習できないという大人の方でも、短い隙間時間を使って「とにかく1回分だけはうまくなろう」という意識を持つて行うことが上達するうえで大切なのかなと思います。

 

 

自宅で独学で行うなら、それにはどのようにしたら良いのか?という方法を示してある教材を選ぶことが必要でしょうね。(^-^;

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?