指先と指の腹で弾き分けよう

一般的にピアノは、肘から指の付け根の関節までがほぼ水平になっていることが基本と言われていますね。
ですが、稀に手首を下げて、手のひらで鍵盤を覆うような感じで、指もほとんど伸ばした状態で、指の腹ばかりで弾く人を見かけます。

 

 

指の腹を使うことは音色を柔らかくなるなど、弾き分ける上で大切ですが、爪に近い指先を使うことによって得られる音色も多く、基本は指先は使う弾き方です。

 

 

指先を使う為には、指を丸めて形作る必要があり、その為には手首が上がり過ぎても下がり過ぎても上手くいきません。
また、指を丸め続けるにはある程度の筋力も必要です。
もちろん、肩から手首までは脱力する必要1があります。

 

 

これらがマスター出来ていないと、いずれ難しい曲にチャレンジした時に、「弾けない」「弾きにくい」といったど壁にぶつかるでしょう。
ですが、様々な曲で音色を弾き分けるには、軽く丸めて指先で弾くことと、伸ばして指の腹で弾く2つの技術が必要です。

 

 

ただ、ピアノ初心者は、はじめに指を軽く丸めて指先で弾くことを身につけたほうが良いでしょう。
指を伸ばして腹で弾く方法ばかりになると、鍵盤を押し下げるスピードが遅くなるからです。
また、指先で弾くよりも音の正確さや機敏性も劣ります。

 

 

実際にテーブルの上で肘と手首を乗せて、指をトンと打ちつけて見て下さい。
指を丸めた場合は、素早く動きまハッキリした音になりますが、伸ばした場合は速く動かそうとすると、少し余分な力が必要になり、当たる面も大きくなるので鈍い音になることが分かると思います。

 

 

このことからも分かりますが、鍵盤を押し下げるスピードが速いほど衝撃も大きくなるので、音が大きくなり、当然、遅いほど音は小さくなりますね。
また、鍵盤にかける重みが重いほど鍵盤を押し下げるスピードを助長します。

 

 

ピアノは、打楽器の要素が強い楽器なので、これらの指の使い方とそこで得られた音質が反映されるのです。
ただ、人を納得させられる演奏が出来れば、どんな弾き方でも構いません。

 

 

実際にピアニストでも独特の弾き方をしている人もいます。
しかし不自然な格好であっても、納得できる音楽を生み出せる人は、やはりその人なりに合理的な型のようなものが出来ています。

 

 

しかし、一般の殆どの人は、指や手首が合理的に使えていないことが多く、結果として不自然な音楽になっています。
いずれにしても、無駄のない合理的な正しい弾き方こそが素敵なピアノの曲をきちんと弾くことを可能にすると言えるしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、ピアノを用いない指や筋肉などを強化するトレーニングはもちろん、正しい指の使い方で、速く動き、遠くの鍵盤まで届く、合理的な弾き方が身につくので、曲のレパートリーを増やしたい方や、独学でどのような練習すれば上達するのか悩んんでいる方は参考になるでしょう。

 

力をコントロールする技術など、柔軟な演奏が出来るようになれます!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方