アルペジオの弾き方のポイント

アルペジオの弾き方のポイントは何だと思いますか?
ピアノは音階はもちろんですが、アルペジオを滑らかに弾くことも大切ですね。

 

 

そんな長いアルペジオの弾き方でポイントにンるのが1の指(親指)です。
そもそもアルペジオの特徴は、音階より手の横移動のスピードが速くなることなんですね。

 

 

というのも、音階を弾く場合と比べて、音を1音か2音飛ばしながら弾くことになり、もし音階と同じ速さで2オクターブや4オクターブでアルペジオを弾く場合なら、手の横移動が当然速くなるわけです。

 

 

このことを認識していないと滑らかな体の横移動を妨げてしまい、思うようにアルペジオを弾けるようになれません。
この時には足の裏を床につけた状態にして、体幹と頭、手が連動して横移動することでアルペジオがスムーズに弾くことができるようになります。

 

 

そして、この横移動で、手を横に送る動きの起点となるのが1の指(親指)です。
この時に、親指は関節の部分まで鍵盤に接触させないのがポイントになります。

 

 

そうすることで、手首の高さを一定に維持して、横移動をスムーズに行うことが出来るようになるんですね。
ですが多くの人は、親指の外側の側面の殆どを鍵盤に押し付けた状態で弾いています。

 

 

これではアルペジオが滑らかに弾けません。
このようにピアノ正しい親指の弾き方で弾くようにすることがアルペジオの弾き方でとても重要になってくるのです。

 

 

長いアルペッジョを弾く練習方法をお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ