ピアノの身体の動きについて

身体の動きで、私はこのように動かしているつもりはないのに、してしまっていることもピアノではあると思います。

 

身体の動き

 

例えば、打鍵と共に頭を下げる動きをしてしまうという人も良く見かけます。
頭は独立していますから、動かしてはいけないということではないんですけど、たいていは肩や首が固まった状態の時に起こりやすく、弾きにくいと思った時になりやすいものですね。( ゚Д゚)

 

 

これは、弾きにくいという指にとって厄介な状況を、身体を使って助けようとするために起こることが多いように思います。
ですが、この指の動きを助けようとする頭の動きが、かえって身体から衝撃が指にかかって指が動きにくくさせてしまいます。

 

 

この他にも、ピアノを弾こうとして腕を動かすと、それに合わせて背中がが丸くなるように動いてしまうこともあるかな。
このようになるのは、大切に弾こうとして知らないうちに動いてしまっていることが多いです。

 

 

ですが、これでは身体の中心軸がぶれて、どれだけ指を動かしたか分からなくなり、音質のコントロールが悪くなったり、音の遅れなどに繋がってしまいます。

 

 

ピアノって、もっと速いテンポで、しっかり正確にというように、「もっと頑張って」と何かを付け加えようとしていくことが多いように思います。
ですが、身体の筋肉は縮む筋肉である屈筋と伸びる筋肉である伸筋で成り立っています。

 

 

例えば、指先を鍵盤に下ろす動きは、前腕の下側の筋肉が縮んで、上腕の筋肉が伸びることで行われます。
反対に指を反らせたい場合は、前腕の上側の筋肉が縮んで下側が伸びるようになります。

 

 

このように筋肉は縮む方と緩む方がセットになっているわけで、動きによっては同じ筋肉でもどちらの動きになるか決まっているんですね。
ですが、多くの人は筋肉が縮む感覚を強く感じるようなので、脳から的確に命令を出さないと、体のどこもかしこも縮めてしまいかねません。

 

 

前腕の上と下の筋肉も同時に縮んでしまったら、固まって動かすことが出来なくなってしまうのは容易に想像することが出来るではないでしょうか。
「頑張って動け」というような脳からの漠然とした指令は、とにかく筋肉を縮めてと間違った情報として体に伝わりやすいのかなと。

 

 

難しいところや速く弾かなければいけないというところに限って、指が固まってしまったという経験がある人も多いと思いますが、それはこのせいでもあるでしょうね。

 

 

その為、ピアノを弾く時には、「伸ばして動かす」ことに意識を向けるといいかもしれません。
縮むほうは勝手に動くので、指を上から下に打鍵するのではなく、鍵盤の下に指を伸ばすというような意識でやり、頑張れという指令は出さないようにして、ゆったりとした気持ちで、一つずつの動きを感じながら弾くと良いのではないかなと思います。('ω')ノ

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習