正しいタイミングで弾ける指を目指そう

正しいタイミングでピアノを弾くことが出来ていますか?
ピアノで必要になる指というのは、自由に動かせる、柔軟性がある、そして正しいタイミングで弾くことが出来る指ではないでしょうか。

 

 

例えば、粒が揃わないで苦労したいう経験がありませんか?
この原因として指が速く動かないからと思われる人も多いかも知れませんが、実際に注意深く音を聞いてみると、正しいタイミングよりもいくつかの音が早く鳴っていることも結構あります。

 

 

要するに、ゆっくり弾けていないことが粒が揃わない原因とも言えるのです。
このことは以外に思われるている方もいらっしゃるでしょうが、ゆっくり弾く為には1本の指を長く維持して弾く必要があるので、とても技術がいることなんです。

 

 

そして、正しいタイミングで弾けていない一つの要因としては、今弾いている指が次の音のタイミングまでしっかり待っていられないことがあります。
試しに1本の指で何でもいいので音を弾いて、その音を伸ばしたまま指先を鍵盤の底から離すことなく、手首を回したり自由に動かすことが出来るでしょうか?

 

 

思うように動かせなかったり、指先が鍵盤から離れてしまうようなら、指を柔軟に保つことが出来ていないと言えます。
更に、指の関節が動かせる状態になっていることも大切ですね。

 

 

したがって、1本ずつの指を柔軟に保っていられることこそが、ピアノで目指すべき良い指ではないかと思うのです。
とにかく今より少しでも上手くなりたいなら、出来ることばかり練習しても進歩がないので、多少難しくても効果があることをすべきでしょう。

 

 

上手い人に共通しているピアノ上達に必要な全てを強化&改善出来ます!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
分散和音の弾き方