ピアノの速いパッセージの練習方法

速いパッセージを上手く弾くことが出来ていますか?
学生の頃にピアノを習っていたが、趣味で大人からまたやり始めたものの、どうしても速いパッセージが弾けないという人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

速いパッセージ練習方法としては、まずメロディラインを頭に入れる為に、ゆっくり弱く弾いて音の並びを確認しましょう。
弱く弾くとメロディラインが鮮明になってきますから、聞きながら気をつけて弾くことです。

 

 

そして、その後に速いパッセージを短く区切って弾く練習をすると良いです。
この時に、あまり遅いテンポで弾くとメロディラインが分からなくなってしまうので、区切ったパッセージは少し速く弾くように練習をして、指を軽く動かすコツを覚えるようにするのです。

 

 

長いパッセージは難しくても、短く区切って行えば、意外と指も動かしやすかったりするので、それを繋げていくよにすれば、長いパッセージなってくるので、短く区切ったものから上手く出来るようにしていきましょう。

 

 

また、大人からピアノを始めた方だったり、再び始める人は、パッセージ全体をゆっくりから徐々に速くしていくやり方をしている人も多いですが、惰性になってしまってあまり進歩がないので、あまり効果的な練習方法ではないように思います。

 

 

更に速いパッセージの練習方法に、16音符などの速いパッセージに付点をつけて弾くリズム練習もありますが、これは中級者以上に有効で、初心者の人にはかえって混乱することもあるので、あまり効果的ではないかもしれません。

 

 

大人は指を速く動かす為に、指の上げ下げを速くできるように筋肉を鍛えるような鍛錬にはまりやすいものですが、あまりやると手を壊してしまう恐れがあります。
筋肉を鍛えてもそれがピアノに生きるかどうか疑わしいですし、指を強化する練習も無理なく出来るものにとどめておいて、指のストレッチを十分に行う方が良いでしょう。

 

 

また、速いところばかりに目がいってしまい、遅いところはおろそかになりがちになることも多いものです。
ですが、音符の少ない遅いところがその曲の山場だったりすることもあるので、曲全体を見渡すようにしてバランスをとらないと、かえって良くない印象を与えかねません。

 

 

いずれにしてもピアノは練習量よりも如何にコツを掴むかにあります。何より大人はピアノに費やせる時間は限られているので、短時間で効果を上げる練習方法を見つけたほうが上達が早いでしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、親指を中心にした練習方法を映像で分かりやすく解説してあります。親指を中心にすることで、パッセージの際に素早く鍵盤を移動することができるよういなります。

 

速いパッセージを弾くコツをお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ