16分音符の弾き方

ピアノで16分音符が上手く弾けますか?
特に16音符が長く続くと、手が動かず速く滑らかに弾けないという人も多いのはないでしょうか。

 

16分音符の弾き方

 

例えば、トルコ行進曲の中間部分などは16分音符の連続ですから、考えただけでも疲れてしまいそうです。
ショパンの幻想即興曲でも冒頭は右手が16音符、左手が3連符で苦手な人にとっては、これだけで目が回りそうですね。

 

 

こうした16分音符の弾き方でまず大切になるのが脱力すること。全身に余計な力が入っていたら弾ける曲も弾けなくなってしまいます。

 

 

それには自分で力の抜けた状態というの体験するのが一番。全身の力を抜いて仰向けに寝転んでみて、この時の腕や手の状態はどうなっているのか良く観察してみましょう。

 

 

そうすることで、脱力の感覚がつかめる筈です。
そのうえで目的のパッセージを極めて弱く弾いてみる。ピアニッシモなら力を抜いたままでも弾きやすいので脱力した状態の良いリハーサルになります。

 

 

また、16分音符を強く速く弾くときにも同じような感じなるように、手首に余計な力が入らないようにするわけです。
その一方で力が抜けても指が動かなければ、16分音符は弾けません。

 

 

それにはやはり練習あるのみ。リズム演奏で拍子を変えた弾いてみたり、スタッカートで弾く、付点をつけたりと手を変え品をかえて練習してみましょう。
また、単純ですが指が鍵盤と馴染むために、ゆっくり弾いてみるのもかなり効果がありますよ。

 

 

更に16音符が続く場合は、拍子感を必ず持って弾くようにします。拍の頭を感じながら弾くようにするのがコツです。
このようにすれば指にもメリハリ感が伝わって、不思議と16音符がなめらかな演奏になってきます。

 

 

そして、右手も左手も16音符というときこそ、拍子感(ビート感)が味方になってくれます。ただ、漠然と弾くのではなく4つで1グループの拍を感じながら弾くと良いでしょう。

 

 

なお、こういった練習の前に片手ずつ、特に左手だけを重点的に練習したり、両手を合わせて遅いテンポで弾いたりと、基礎的な練習はしっかりしておきましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

収録内容と感想

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い