指と手のひらの柔軟性について

指と手のひらの柔軟性を意識していますか?
ピアノは動いては止まってという弾き方ではなく、なめらかにゆっくり動き続けるのが理想ですね。

 

 

鍵盤を押さえている間は指が動かないで、次の音を弾く時に動くということを繰り返すようになってしまっては、ぎこちなさや固さがいつまでたっても取れません。

 

 

これは動きだけでなく、音楽の流れも悪くなりますし、レガートも上手く出来ないでしょう。
その為、弾く時には指の関節と手のひらの柔軟性を感じられると良いですね。

 

 

指の関節が柔軟であれば、鍵盤から指先がぶれないですし、固い指では「ピタッ」と指先が鍵盤の底に吸い付くようにはなりません。
実際に指の関節を固くして鍵盤を押さえ、反対の手で横に押してみると、少しの衝撃で簡単に鍵盤の底から離れてしまいます。

 

 

逆に柔らかくして同じようにしてみると、固い時のようにすぐには離れないと思います。
これは指の関節がクッションの働きをしてより安定感のあるぶれない指を作ってくれるからです。

 

 

また、ピアノを弾く技術は、指だけでなく手のひらの柔軟性も大事です。
これは手のレントゲン写真を見てみると分かりやすいですが、指の長さが普段見ている長さよりも長く見える筈です。

 

 

これは、指が手のひらから始まっているということで、手のひらを固くしてしまっていると指が束ねられてしまっているような感じになって、それぞれの指が動かしにくくなつてしまいます。

 

 

もし、何となく打鍵や音が固く、ぎこちなく感じられる時には手のひらを柔軟にするように心掛けてみてください。
特に利き手と非利き手の指の動きが極端に差がある場合は、手のひらの固さなどが影響しているかもしれません。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、一般では教えていない指だけでなく、手のひら、そして手首の筋力の訓練方法も紹介してあります。

これをしっかりやっておけば、指のスピードもアップしますし、腕などの疲れ方もずいぶん違ってきますよ。

 

巷のピアノスクールでは教えていない訓練方法をお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方