フォルテ(f)の弾き方

フォルテ(f)がバシット決まらないという悩みはありませんか?
連続したフォルテがある時やピンポインに出てくる場合に、どのように対応したら良いのかと弾き方に悩む事もあるのではないでしょうか?

 

 

大きな動きで手を振り下ろしたり、全身に力を入れて弾くといった感じになっている人もいますが、フォルテのフレーズだからといって、叩くように強く弾いたりしてはいけません。実際にはその反対なんですね。

 

 

そもそも叩くような弾き方では、すぐに疲れてしまいますし、手も痛めやすくなります。
そんなピアノでのフォルテの弾き方は、弾く瞬間に重みがしっかり伝わるようにグッと手首を固めて、指先もふらふらしないようにフォームをしっかり決めましょう。

 

 

また、音を出した後には、直ぐに脱力をし、フォルテを弾く瞬間にだけ重みを乗せるようにすれば、その前後は重みを持ち続ける必要はありません。
速くて連続したフレーズなら、尚のこと細かいタイミングで脱力していかないと、曲の最後までもちませんよね。

 

 

何より、美しいフォルテを弾くのに大切になるのは、強い音を出す重みのかけ方よりも、その後にどれだけきちんと脱力して力を抜けているかということがポイントでしょう。
強い音を出すには強い手首や指と思っている方が以外に多いものですが、手首と指先のフォームを固めても、腕は柔軟にしておくことが欠かせません。

 

 

また、和音の中でフォルテといっても同じ音量では美しく聞こえないものです。
音に深みがあり響かせることまで考えるなら、ただ強ければ良いというのではなく、その中でも鳴らす音全てのバランスを考えることも必要ですね。

 

 

その為には、高音域を正しくフォルテで弾くようにすれば、よく響く迫力のある深い音で弾くことが出来るようになるので、高音域の方に中心を置くようにしていくと良いでしょう。

 

 

なお、この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、脱力の仕方はもちろん、強く鍵盤を叩かずとも、強い音を奏でられる意外な手首の動かし方なども分かるので、フォルテなどが決まらず曲がしまらないような人は参考になるでしょう。

 

練習方法や悩みなど何でもご相談下さい!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方