手首の回し方

手首の回すようにピアノを弾くことが出来ますか?
ドアノブを回すような手首の回し方をすることで、ピアノを弾く際に指を楽に速く動かすことが出来ますね。

 

 

では、どのような向きで手首や肘の回し方をするのでしょうか?
これは左右によってローリング時の回転方向が違います。左手は時計回り、右手は反時計回りが正しい回転の方向になります。

 

 

ですが、時々左右共に反対の間違った方向でローリングさせている人も見かけます。
そして、手首を回す弾き方は色々な曲(作品)の中で使う機会も出てきます。

 

 

例えば、ショパンの幻想即興曲には、以下のような左手の音型が出てきますが、これと似たような場合に手首を回すように弾くとよいと思います。

 

 

また、ドビッシーの「亜麻色の髪の乙女」は、肘や手首で円をゆっくり描くようにして弾くと良いですね。
ただ、この時のキーに触れている指は、先端が潰れないようにして、腕から伝わってくる重みのショックを避けて、何か大切なものを手にしている時のように、次の指へ移動させていきます。

 

 

このようにすることで、柔らかい美しい響きになってくるでしょう。
自分なりにこの曲が弾きたいという気持ちがあっても、実際のテクニックが足りず、思ったように弾けなくて、ピアノが嫌になってしまう人も少なくありません。

 

 

そもそも音楽のことを文字だけで理解しよういうのは到底無理なので、直接先生に指導を受けるか、映像で見て学ぶことが挫折することなく楽しく上達する近道でしょう。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、手首を回転させることで指をスムーズに速く動かす方法も学べるので、いっも同じ練習ばかりになっている独学の人は非常に参考になる筈です。

 

初心者・中級者にカスタマイズした独自の練習法

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ