指くぐりのコツ

ピアノの指くぐりが上手く出来ますか?
親指が他の指の下をくぐることを指くぐりと言いますが、問題なく上手く指くぐりが出来たとしても、元の手のフォームに戻す動作が素早く出来るかどうかで、その後のフレーズを上手く弾けるかどうかが決まってしまいますね。

 

 

その為、くぐらせた状態から元の手のフォームに戻すことまでを含めて指くぐりととらえて、それぞれの動きが素早く出来るようにすることが大切です。

 

 

そして、指くぐりのコツとしては、指先はもちろんですが、手首の角度だったり腕の高さを変えてみることです。
例えば、手首を斜め方向に横滑りさせると、くぐらせた指が打鍵しやすくなりますし、手首をやや高めにして構え、指と鍵盤の距離を広げるのも良いですね。

 

 

いずれにしても、指くぐりは指先だけで考えても上手く出来るものではなく、手首の角度や腕の高さと言ったピアノを弾く姿勢を含めた動作であるということです。
また、指くぐりの練習としては、音階の練習などが効果的でしょう。

 

 

なお、指くぐりの動きを覚える時に、つい大きな動作で強く弾くように練習をしてしまいがちですが、実際のピアノの演奏では強く演奏するフォルテばかりではなく、弱く演奏したりと様々な強弱で弾くようになるので、必要以上に大きな動作や音量ばかりではなく、適度なタッチでピアノを弾くように練習をすることが大切です。

 

 

分からないことは何でも相談ください!

DVDを御覧実践になって不明な点、練習法、お悩みなど、ご相談をお受けいたします。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ