ドリルの粒が揃わない

薬指が弱いなど、指が思うように動かず、速い曲になると音が流れて、ドリルの粒が揃わないという悩みはありませんか?
実際にドリルは、曲の中でも心に残るような強い印象があるところで使われることも多いので、ドリルに憧れて始めた曲も「指が思い通りに動かない」「どうしたら上手く弾けるのか分からない」と投げ出したくなることもあるでしょう。

 

 

そもそも、ドリルの粒が揃わない原因とてし考えられるのは、楽譜に書かれていることを忠実に弾くことが当たり前になっていたり、各指の独立がしつかり出来ていないからでしょう。

 

 

誰しも、何となく弾きづらいとか、自分には向いていないのではという指番号に出会った事があるのではないでしょうか?

 

 

そんな時は指使いに疑問を持って、自分にとってドリルを楽に弾くための指使いを見直すことも必要でしょう。
ですが、一般的にドリルと言うと、2本の指を交互に動かすと思っている人も多いですが、実は個人の自由で、自分に合った楽に上手く弾けるような指使いにすればいいんですね。

 

 

そして、その上でどの指もまんべんなく自由に動かせるようになるために、各指が独立していることが必要です。
その為には、各指が独立して自由に動かせるように訓練をしてコントロール出来るようにしたいところです。

 

 

練習曲を使って指を鍛え、それぞれの指を独立を促すやり方もありますが、独学でやるなならそんなに弾き続ける練習を長時間に渡ってすることは難しいでしょうから、もっと簡単に空き時間に出来るような指のトレーニングがあるので紹介しましょう。

 

 

まず、左右の指をピアノを弾く状態のフォームで左右の5本の指同士を合わせます。そして、ピアノを弾くように着けていた指同士を離したり、また着けたりという動作を繰り返します。これを親指から小指まで行い、動かしている指以外は合わせたままにしておきます。

 

 

また、様々なドリルに対応できるように俊敏性を高める必要があるので、指を離す幅をなるべく小さくして同じ要領で繰り返し行いましょう。また、レガートなどを意識して行うと良いですね。
これなら、場所も選ばずどこでも気軽に指の独立のトレーニングが出来るので空き時間に行ってみて下さい。

 

 

正しい指の使い方で、早く動き、遠くの鍵盤まで届く、初級者・中級者に最適な独自の練習法!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方