腕の重みで弾く

色々な曲をピアノで弾くには、腕の重みの移動で弾くことも必要になると思います。
ピアノを弾くには、多くの人は左右のそれぞれの5本の指を独立させなければいけないと思っていることでしょう。

 

腕の重み

 

このことはハノンのピアノ教本の第一部の冒頭にも、どの指も1本ずつ独立させるという練習と書いてありますからね。
でも、手の構造から見れば、どのような練習をしても指が独立することはありえないと思います。

 

 

何故なら、それぞれの指の骨同士は腱で繋がっていますから。
で、実際に自分の手を空中に上げてピアノを弾くように指を速く動かすと、頑張ろうとするほど、手首を固めているのに気がつくと思います。

 

 

逆に今度は、指はいい加減にして、手首をゆるく動かすことを意識して行うと、どこも固めることなく動かせますね。
では、指も頑張って動かして手首は固めないようにすると、これは大変になります。

 

 

なので、指を動かそうとするか、手首が動いていいと思ってやるのか、どちらかでないと難しいということなんだと思います。
指を動かそうと頑張りすぎると、無意識に手首を固めてしまうことになります。

 

 

その結果、腕が痛くなったりすることに繋がり、無理をすると手を壊しかねません。
もちろん、それぞれの指を動かしやすくするための訓練は必要でしょうが、やりすぎないように言われるのはそうした理由からでしょう。

 

 

そこで覚えておきたいのが、腕の重さを弾く指に乗せていく奏法です。上手に弾く人って、指をあまり上にあげないで弾いているように見えるものです。
特に4の指(薬指)は上にあげにくいですが、これは上げるための筋肉が他の指より少ないからでしょう。

 

 

また、中指と小指と腱で繋がっていますから、単独で動かすのが一番難しいです。
でも、他の指と比べて指先に厚みがあるので、腕の重さを乗せやすいかと。なので、柔らかい音も出しやすく、音色もつくりやすいように思います。

 

 

もちろん、上げる訓練も必要ですが、曲によって指に重みを乗せる弾き方をすれば、指の上げ下げが最も小さい動きになるので、他の指と無理なく音を揃えることもできますね。もちろん、早いパッセージも・・・・。

 

 

 

ただ、脱力が出来ていないと、指に乗せるための腕の重さがないので、鍵盤を押すことで音を出そうとなりますが、鍵盤を押すとせっかくのピアノ響きを止めてしまうことになりかねなせん。

 

 

ピアノを弾く動作は、指を振り下ろして音を出してるように一見みえますが、無駄な動作や余分な力の除いていけば、腕の重さを鍵盤に預けるだけでも、かなりの強い音が出るものです。

 

 

どちらにしても、すべての音を指の力だけで弾いているわけではなく、手を無理なく使うほど柔軟性も出てくると思うので、効果的な指の訓練と正しい弾き方を身につけて、日々の心掛け、練習を積み重ねることが大事になるんだと思います。('ω')ノ

 

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて