テクニックの練習

ピアノのテクニックの練習をしていますか?
ピアノを演奏するときには、弾くために動かす全ての体を、出来るだけリラックスさせた状態に保つことが欠かせないと思います。

 

ピアノテクニック

 

とはいえ、自分の目指す音をコントロールするには、ある程度の緊張も必要でしょう。
流れるような自然の動きが出来るようになることは、ピアノをするすべての人にとっての永遠の課題とも言えるのかな。

 

 

では、どうやってこの緊張と緩和のバランスをとるようにすればいいのかといえば、自分がどんな音を作り出したいのか、そのためにはどんなテクニックが必要のかを考えることではないかと思うのです。

 

 

その為には、不必要な緊張をなしに音をコントロールするテクニックを身につけることが大切で、それには意味のある練習をすることです。

 

 

多くの人は、ピアノのテクニックの練習に1日に何時間も割くことはなかなか出来ないと思いますが、それでも毎日少しずつでも練習はしていきたいものですね。

 

 

また、現在は多くのピアノの先生は、ハノンのような伝統的なテクニック練習曲を課するよりも、取り組んでいる作品の上手く弾けない個所を取り出して、その課題を繰り返し練習させることで、生徒のテクにニックの向上させることを好ん行っているように思います。

 

 

ここで知っておいて欲しいのは、そのような場合でも難しい方法で練習していれば、普通にその作品を弾いたときに、指を動かしたりすることなどが簡単になるということです。
その曲の難しいところを取り出して練習するということは、優れたテクニックを身につける上で非常に役立つと思いますよ。('ω')ノ

 

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について