トリルが上手く弾けるコツ

トリルを上手く弾くにもコツを掴むことが大切です。
トリルの記号は「tr.」で、記号で示された元の音とその2度上の音とを繰り返し速く弾くことです。

 

トリル

 

ピアノを弾くうえでトリルを入れるのが苦手という人も多いと思いますが、それは指を出来るだけ速く動かすことが出来てないから、トリルが難しく感じてしまうのです。

 

 

では、何故、指を速く動かすことが出来ないのか?それは大変そうだから頑張って上手に弾こうと思うと、つい手に力が入ってしまうからです。
余分な力が手に入ってしまうと、逆に手は動かなくなってしまいます。

 

 

これでは、とても速くは弾けませんよね。トリルを身につけるために大切なポイントになるのは、やはり指使い。
これを工夫して練習することです。
楽譜には「2−3」「3−4」というように指使いが示されていることが多いですが、隣合った指でトリルをやると手の甲から手首、腕にかけて力がつい入ってしまいがちになります。

 

 

その為、力が入らないために良く利用される指使いが「1−3」「1−4」とか、混合させた「1−3」「2−3」です。
交互でもいいですし、ランダムに混合させても構いません。

 

 

これらは手全体を使うようになるので、手の甲などの一か所に余分な緊張をさせて力を入れさせないですみ、手首を柔軟に保つことが出来ます。

 

 

更に難しいのは「4−5」。これは何とかして避けたいですよね。
この場合は、「3−5」「4−5」の混合など、色々試してみて、自分にとって楽な指使いを探してみると良いでしょう。

 

 

それでも、余分な力が入って上手くトリルが出来ないようなら、脱力がそれほど難しくないピアニシモで弾くことから始めてみると良いかもしれません。
この時には、指先から手首まで手全体をリラックスさせて弾くようにしてください。

 

 

弱い音でスムーズに弾けたら、手から余分な力が抜けているということなので、その状態を体に覚えさせましょう。
そして、同じ状態で徐々に音を強くしていきます。

 

 

このような練習をしていけば、次第に力を抜くことに慣れ、強い音のトリルでもリラックスして弾けるようになれるかと思います。
いずれにしても、指先を速く動かしても、手の甲や手首に過剰な力を入れないことが大切なので、適切な練習をしてこのトリルが上手く弾けるコツを掴んでください。

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
指の運び方
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る
ピアノ教材の選び方
和音の中らメロディを浮き立たせるには?
速い曲が弾けない
指の力が弱い
16分音符の弾き方
ピアノを大人が再開するには?