和音の弾き方のコツ

和音を外してしまうということはありませんか?
和音というと、2音、3音、4音などの音が様々な形で黒鍵と白鍵とが混ざって出てきて、時には手が届きにくいものもあります。

 

 

その為、和音の中の音が同時に鳴らず、揃えて弾きこなすのが難しく感じている人もいるでしょう。
多分そのように苦労している方は、和音を判子のように捉えているからかもしれません。

 

 

つまり、指先を和音の形に合わせて固定し、どの指も同時に当たるようにしようとしているわけです。
しかし、そのようにいてしまうと少しでも指先にばらつきあれば、音が揃わなくなってしまいます。

 

 

そこで、人間がもともと持っている「掴む」という動きを利用するのが和音の弾き方のコツです。
例えば、コツプを持ちあげる時のこと思いだしてみてください。

 

 

この時には、同時に全ての指先が同じ圧力で支え合っており、これはどんな形状の物を持ち上げる時も同じで、これを応用すれば和音を同時に鳴らすことはさほど難しくありません。

 

 

指が鍵盤の底に触れる時に、指先で掴むような動きを加えるようにすれば良いのです。
実際には、指先はほんの少し内側に動く程度になり、掴む動きをしているわけではなく、その途中で鍵盤の底に動きを止められてしまうような感じです。

 

 

上手く出来るようになると、指先が鍵盤に「ピタッ」とついているように安定します。
そして、この時の手首は弾くと同時にやや上がりますが、柔らかく動く状態です。

 

 

和音は弾く時の手首の使い方は非常に重要で、柔軟にしておかないと音色そのものにも影響してきますが、殆どの場合、一つの和音を弾いたら次の音に移動していきます。
手首を固くしていると、それがしいにくくなってしまいます。

 

 

和音の移動は、手首から持ち上げるようにすればやりすくなりますし、次の音が弾きやすくなりますよ。

 

 

この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムDVDでは、指筋力の強化を含め、素早く移動したりつかむ練習など、和音の弾き方のコツや注意点などが分かりやすく解説してあります。

 

和音の移動がうまくいかず、ミスタッチを多くしてしまう方へ

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方