指の運び方

ピアノ独特の指の運び方が上手く出来ていますか?
離れた音を弾く時には、手を移動させますね。ただ、手先だけを移動させるのは良くありません。

 

指の運び方

 

そのようにしてねじれ癖がついてしまうと、力みが出て、無駄な動きが増えてしまって、弾きづらくなってしまうからです。
離れた音を弾く時には、手は鍵盤に対して平行に移動させますが、イメージとしては手の軸を保ったまま横にスライドさせるという感じです。

 

 

軸を保つには、肩の付け根から移動させるイメージで、肘を楽に使うのがポイントでしょう。
また、横から見ると鍵盤からすっと手を離して、緩やかな弧を描くようにして移動させるといいかなと。

 

 

また、次の音へとスムーズに繋ぐためには、弾きながら指をかぶせたり広げたりと、引きながら動くことが大切ですね。
音がブツと切れたり、音量に不自然なムラができたりせず、フレーズをなめらかに歌うように弾くことが理想でしょう。

 

 

それには、己を知るところから始めるのが上達の近道です。
自分の手や指がどう動いているのかをチェックして、どう動きたいのかイメージを高めることが大事だと思います。
この国立音楽大学卒の一流講師陣監修のピアノ指・習得プログラムは色々な角度から動きが映像で見られるようになっていますよ。

 

 

DVDで動きを確認することも出来ますので、よく観察してみるといいです。
様々な視点をもつことは手や指の感覚を上げていく上でい一番手っ取り早いですからね。
練習するときも、鏡で動きを確認したり、その上で弾くなど、自分の動きをよく観察してみると、色々な発見があります。

 

 

普段の動作でも、手の動きを意識してみるだけでも手の感覚をアップさせたり、指を鍛えることもできますからね。(*^▽^*)

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方
ピアノは反復練習で上手くなれるのか?
大人のピアノの練習時間について
テクニックの練習
ピアノの身体の動きについて
腕の重みで弾く
ピアノのレパートリーを増やす
親指の付け根に痛みがある
ピアノの癖を直す
1オクターブ以上の分散和音が苦手
幻想即興曲の合わせ方
ピアノを独学で行うおすすめの方法
左手に力が入る