アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くには?

アルペッジョ(アルペジオ)上手く弾くことが出来ていますか?
なめらかに美しい音でアルペッジョを弾けることは憧れのテクニックですが、指を広げなくてはいけない為、それだけ音を外すことも多く難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

ご存じのように、アルペッジョ(アルペジオ)は、和音を同時にではなく低いものから又は高いものから順番に連続的に速く弾くことですね。

 

 

指を広げようと意識しすぎいてしまうと手首などに力が入りすぎて、音のコントロールが難しくなりますし、余分な力が入ったりするので、アルペッジョをなめらかに上手く弾くには、如何に体を上手く使えるかどうかにかかっていると言えます。

 

 

したがって、まず指と腕の連動具合を確認し、腕の使い方を知って、アルペッジョを美しくなめらかに弾くための準備をすることが大切です。
がむしやらに練習しても上手く弾けるというものではありません。

 

 

そして、まず、指と腕の連動具合を確認するために、蓋が閉まっているピアノの前に座って、肩から手首までをリラックスさせ、指先の力も抜いてピアノに向かって伸ばします。
手首から指先は力を抜いているので、自然と垂れた状態になっている筈ですので、そのままピアノ蓋に指先がつくようにします。

 

 

そうすると、指が一番長い中指が最初につきますが、それと同じようにして親指をピアノの蓋に対して真っ直ぐに立てるようにします。
そうなると腕を動かして持っていかないとその状態にすることが出来ませんね。

 

 

このようにして、親指から小指までを真っ直ぐに蓋の上につくように、順番に動かして立てます。指先の1本ずつに腕の重みを乗せるようにして移動させていくと、手首が指の動きに合わせて動くのが分かってきます。
この滑らかな腕の体重移動ができるようになることで、手首などに力が入らずアルペッジョをなめらかに弾く準備ができ、太くてはっきりとした美しい音を出しやすくなってくるでしょう。

 

 

なお、この国立音楽大学卒の一流講師陣監修!ピアノ指・習得プログラムDVDでは、ドビュッシーの月の光を使い、アルペッジョをどのようにしたらうまく弾けるかを考えながら弾けるように解説してあります。また、発音を良くしたり、長いアルペッジョを弾く練習方法も分かります。

 

アルペッジョを上手く弾ける方法をお教えします!

 

ピアノ指・習得プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

小指が弾きづらい
薬指が思うように動かない
親指がもたついてしまう
脱力することが全ての基本
リズム練習は必要!?
左手の動きが悪い
スケールを滑らかに弾くには!?
和音がずれる
指を広げる練習方法
指を速く動かす方法
指またぎをスムーズにする練習方法
オクターブの弾き方
ドリルの粒が揃わない
オクターブを弾くと手が痛くなる
指の速い跳躍で失敗しない為のコツと練習法
指を広げる今からでも出来る練習・訓練
オクターブのトレモロの疲れない弾き方
16分音符の弾き方のコツ
ピアノの速いパッセージの練習方法
スタッカートの弾き方
やわらかい手首の使い方が出来るコツ
両手を使って1つのフレーズを滑らかに弾くには?
ピアノの強弱をつける弾き方のコツ
指くぐりのコツ
ピアノの指の独立
フォルテ(f)の弾き方
寒い時の指先の動きを良くする方法
手が小さいのて思うようにピアノが弾けない
ポジションの移動が大きいとスムーズに弾けない
ピアノのテンポキープする練習
ピアノの早弾きの練習
手首の回し方
指や手首などの痛みのない弾き方をマスターしよう
ピアノの正しい親指の弾き方とは?
アルペジオの弾き方のポイント
指先と指の腹で弾き分けよう
スケール練習で大切なこと
ハノンの使い方
鍵盤を見ないで弾く
ピアノが上達しない原因とは?
ピアノは手首の使い方で上達する
ピアノ上達は部分練習が確実
指と手のひらの柔軟性について
和音の弾き方のコツ
正しいタイミングで弾ける指を目指そう
分散和音の弾き方